ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

店舗のコロニアル屋根をブラックとレッドのデザインで屋根塗装!

店舗の塗装もお任せを! 福井市 つるきそば四ツ居店様

施工場所福井市北四ツ居町
施工内容屋根塗装リフォーム、他
工期20日間
費用
塗料プレミアムペイント
シャングリラex
(フッ素)

リフォームのきっかけ

新聞のチラシが入っていた。
電話をして見積りをしてもらい、
屋根の塗替えの色のシュミレーションも作って貰えたので
イメージしやすかった。

お客様のお悩み

国道に面した店なので、見た目も気になっていた。

施工前

施工前の外観です。

淡いエメラルドグリーンの屋根は、
やはり黒い汚れやコケの発生などが
目立ちます。

塗料が取れてきていますね。

コケも付着しており、このまま放っておくと
コケが成長しコロニアルの瓦の隙間に
入り込むこともあります。

汚れも、コケもしっかり落としてから
施工に入っていきます。

施工中

仮設足場設置

普段の住宅のような足場ではないので、
ひとつひとつの作業を丁寧に行っていきます。

水洗い

高圧洗浄機で、汚れ、コケなどの
ゴミやホコリを落としていきます。

普段より高い場所での作業です。

水洗い完了です。
塗料も浮いていたので、
チョーキング現象(塗料が白い粉の様に浮く
状態)が出ていました。

研磨

研磨で水圧では取れなかった細かい錆等を
落としていきます。

鉄部 下塗り

下塗りに入っていきます。

入母屋屋根の下がり棟の箇所も鉄部でしたので、
こちらも塗装しました。

屋根 下塗り

下塗りを行っていきます。

コロニアルの瓦の隙間も
塗り残しがないように塗布していきます。

下塗りが完了しました。

中塗り

中塗りに入ります。

黒ベースに、赤のラインが入る
塗り分けです。

赤い部分は、コロニアルの瓦に沿って
塗り分けすると並行にならないので、
墨出しをしてから塗り分けていきます。

破風板と軒天 塗装

軒天も真っ白く綺麗になりました。

上塗りに入っていきます。

ブラックと真紅で塗分けです。

色を重ね合わせていく度に
とても鮮やかさが増していきますね。

塗装施工途中の全景です。

完成間近です。

仮設足場撤去

足場を撤去していきます。

施工後

完成です。

かっこいい屋根になりましたね。
つるきそばさん、ありがとうございました。

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のリフォームパンセをお尋ねください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。