外壁塗装の助成金・補助金を簡単に受け取る方法


外壁を張り替えてから、もしくは家を建て替えてから時間が経った時や、外壁に汚れやひび割れが現れている場合、外壁塗装をしなければなりません。

しかし、外壁塗装にはコストがそれなりにかかります。
無料でできれば苦労はないのですが、中々そういう訳にもいきません。
外壁塗装はしなければならないけれど、お金がかかるのはいやだという方は、助成金や補助金について検討してみるのをおすすめします。
今回は、助成金や補助金はどのようにして受け取れるのかについて詳しく解説していきます。
ぜひ参考にしてください。

助成金と補助金の違い

外壁塗装の費用を抑えるための援助には助成金と補助金の2種類があり、この2つには違いがあります。

助成金も補助金も返済が不要なのに違いはありません。

しかし、特定の塗料を使ったり、決められた工事を行ったりするなど、条件を満たしていれば受け取れる助成金に対して、補助金は国や自治体の予算が決められているため、受給に審査があり、上限に達したら申請を締め切られてしまう場合もあります。
つまり、助成金と補助金では助成金の方が受け取りやすく、逆に補助金は制限があるため早めに受給を申請しなければならないということです。

外壁塗装で助成金や補助金を受け取れる条件

先にお伝えしておきます。
現在、福井県や福井市、鯖江市、越前市などで外壁塗装での助成金や補助金はありません。
最近は一括見積サイトなどが集客をするため、
福井でも補助金・助成金がもらえる様に謳って見積依頼を獲得しているようで、
福井市役所のホームページ内でも補助金はないと載せるほどです。
よくお気を付け下さい。


助成金や補助金を受け取るためには、塗料の種類や条件が関わってきます。

まず、遮熱塗料を使うヒートアイランド対策用の外壁塗装工事は公的支援の対象になります。
太陽から浴びせられる赤外線を反射するため、住宅の温度上昇を抑制し、省エネになるのですが、一般的なシリコン塗料よりも値段が張るため、公的支援が受けられる地域があります。

もちろん、外壁塗装だけでなく、窓や天井などに断熱改修を施した場合、省エネに貢献することになりますから、それにも公的な援助がされる地域があります。

助成金・補助金を受け取るための条件は自治体によってまちまちです。

しかし、基本的には税金の滞納がなく、過去に同じ内容の助成を受けていなければ助成金・補助金を受けられます。

補助金や助成金を受け取る流れ

まずは助成金・補助金の申請書を受け取って、その内容を確認します。
申請には見積書や住居の登記、納税証明書や住民票の写しなど様々なものが必要になります。

取得に時間がかかるものもあるので、余裕を持って準備を始めましょう。

次に、施工開始の3ヶ月程前には、塗装会社から見積書がもらえるはずなので、それを元にして、着工前に自治体に申請を行ってください。
会社にあらかじめ助成金を申請する旨を伝えておくことで、見積書を早く用意してもらえます。

助成金・補助金が受け取れるようになれば交付確定通知書が届くので、届いた時点で塗装会社と正式な契約を結んでください。

工事が始まった後も作業はあります。
助成金の申請には工事前、工事中、工事後の写真の提出が必要になるため、塗装会社にお願いしておきましょう。
事前に申請した内容に変更がある場合、自治体に届け出る必要があります。
些細なことでも報告しなければ、助成金や補助金が受け取れないこともあります。

工事が終わった後は、工事完了報告書や補助金交付請求書などの書類を事前に申請した窓口に提出します。

それから2週間〜1ヶ月経った頃、指定した銀行口座にお金が振り込まれるというシステムになっています。
この時提出した書類に不備があると、交付までにかかる期間はどんどん延びてしまいます。
必要なものは早めに準備するよう心がけましょう。

助成金・補助金を使う際の注意点

まずは人数の問題です。
どの自治体も支給できる助成金・補助金の額が予算によって決められ、限られているので、希望者が多いと早く締め切られてしまうことがあります。
住んでいる自治体にもよるとは言え、外壁塗装の助成金や補助金を受給する人は少なくないため、これを避けるには早い段階で塗装会社を探し、見積もりを作成してもらうしかありません。
その上で、会社に「助成金・補助金を受給したいから早く見積書を作ってほしい」と頼むようにしてください。

また、工事を開始してしまった、完了してしまったという段階で助成金・補助金を受け取ることは基本的にはできません。
大抵事前に申請の手続きを取らなければ、助成金も補助金も受け取れません。
塗装会社と相談しながら入念に計画を練り、申請し忘れることがないように気をつけましょう。

そして、補助金を受け取るための塗装が建物に向いていない場合もあるため、注意が必要です。
先程「ヒートアイランド現象を防ぐために遮熱塗料を塗ることで、助成金や補助金が受け取れると書きましたが、遮熱塗料を塗ってしまうと、冬場も太陽の光を遮ってしまうことから、室内が寒くなりやすくなってしまいます。
省エネのための遮熱塗料ですが、室内が必要以上に寒くなってしまった場合は冬場の暖房代がかさんでしまうため、本末転倒です。

これを防ぐためには、人気製品の「ガイナ」のような、断熱性能と遮熱性能を兼ね備えた塗料がおすすめです。
夏も冬も過ごしやすい上に、遮熱塗料でもあるので、助成金や補助金がおります。
自身の自宅に最適な塗料が知りたいという方は、ぜひ一度ご相談ください。

助成金や補助金の他に外壁塗装を安くする方法

ここまで念を押してきましたが、中には助成金の募集に間に合わなかった、もしくは条件を満たせなかったという場合もあるでしょう。

その場合にも、外壁塗装を安くする方法が存在します。

まず、外壁の破損が災害によるものである場合、工事費用が火災保険の免責金額を超えていれば、被災から3年以内に限り、外壁塗装に火災保険を適用できます。
かなりレアケースといえばレアケースですが、災害の多い日本なので、災害によって家にダメージが入る可能性は決してゼロではありません。
もしもの時のことも考えておくのが良いでしょう。

もう1つ、住宅ローン減税を適用しても外壁塗装の費用は抑えられます。
返済期間が10年以上であることや、居住用の住宅であること、その他入居のタイミングや、総面積、費用、所得金額などの条件を満たせば、住宅ローン減税によって外壁塗装費用を抑えられることがあります。

まとめ

外壁塗装をお考えの方のために、その費用を安くするための補助金や助成金、そして保険や減税の話をしました。
当社は福井県を中心に、外壁塗装や屋根塗装、屋根工事などを行なっています。
お客様1人1人が、それぞれ「助成金・補助金についてよく分からない部分がある」「受け取れるのかどうか分からない」「どれくらい費用がかかるのか知りたい」「住宅ローン減税について詳しく知りたい」など、様々な疑問や不安をお持ちかと思います。
外壁塗装は毎年行う作業ではないので、分からないところがあるのが当たり前です。
料金についても、不透明だと感じることが多いでしょう。
大切なお家を長く・綺麗に保つために、塗り替えリフォームをご検討の場合は、信頼のおける専門家に一度ご相談下さい。


ABOUT US
漆﨑 隆一
昭和47年生まれ。社南小・至民中・科学技術高等学校卒業。塗装歴30年。大工歴25年。携わった工事は7000件以上。一級建築士。全日本ベスト塗装店賞・最高金賞2回・金賞6回受賞。日本建築塗装職人の会会長とも親交が深く、塗装業界からも頼りにされている存在。趣味は仕事。好きな食べ物は奥様の手料理とヨーロッパ軒のソースかつ丼。仕事に厳しく、自分に厳しい福井市が生んだ塗装・リフォームのカリスマ親方。
無料お見積もりは今すぐお電話を。