ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井県で外壁塗装をお考えの方へ!屋根塗装も同時に行うメリットについて紹介します!

福井の皆様、こんにちは。福井の外壁塗装専門店ペイントパンセ職長の三崎です。

福井で外壁塗装を業者へ依頼しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
そのような方におすすめなのが、屋根も同時に塗装してもらうことです。
この記事では、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットやデメリットをご紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

□外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットは?

この章では、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットをご紹介します。
期待できるメリットは、以下の4つです。

1つ目のメリットは足場代を節約できる点です。

外壁塗装でも屋根塗装でも作業をするために足場を組む必要があるため、足場代が請求されます。
しかし同時に行ってしまえば、足場を併用できるため、ほぼ半額の費用に済ませられます。
足場代は結構な金額になるため、大きなコストの削減に繋がります。

2つ目はメンテナンス時期を揃えられる点です。

耐久性や美しさを保つためには、外壁と屋根のどちらもメンテナンスが必要です。
塗装を同時に行えば同じ周期で手入れすれば良くなるため、管理が楽になるでしょう。
特に屋根は、普段目にする機会が少なく、ついつい手入れを怠ってしまいがちです。
メンテナンスの不備が原因の事故を防ぐためにも、外壁と手入れのタイミングを揃えることをおすすめします。

3つ目は近隣への配慮です。

外壁塗装や屋根塗装を行う際は、職人の行き来が頻繁になったり騒音が発生したりするため、近隣住民にもストレスをかけてしまいます。
また塗装は臭いが発生するため、なるべく短期間で済ませたいところです。
一度に塗装をしてしまうことは、周囲への気遣いとも言えるでしょう。

4つ目は打ち合わせの回数を削減できる点です。

外壁塗装と屋根塗装のどちらも承っている業者であれば、まとめて話をつけることで打ち合わせの時間を削減できます。
業者の訪問に対して気を遣う方もいらっしゃるため、そのストレスを減らせるのは大きなメリットです。

□外壁塗装と屋根塗装を同時に行うデメリットは?

前の章で、同時に塗装を行うメリットをご紹介しました。
しかし、デメリットもいくつか存在します。

1つ目のデメリットは、一度にまとまった金額を支払う必要がある点です。
足場代を節約できるとはいえ、同時の塗装にはどうしても大きな金額がかかります。
ご家庭の金銭状況や予算と相談しながら、同時塗装が行えるかどうか検討しましょう。

2つ目は、業者選びが難しい点です。
塗装工事と一概に言っても、外壁と屋根では材質も構造も異なります。
同時塗装を行う場合は、どちらか一方ではなくそれぞれの専門技術を持った業者へ依頼する必要があります。
ホームページの施工実績や見積もり相談の雰囲気を確認して、信頼できる業者へ依頼しましょう。

なお、当社は自社職人を擁しており、外壁・屋根の塗装どちらにおいても豊富な施工実績を誇っております。
無料見積もりも実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

□外壁と屋根の色合いについて

これまで、外壁と屋根の同時塗装のメリット・デメリットをご紹介してきました。
外壁と屋根を同時に塗装すれば、住まいの外観を一新できます。
せっかく塗装するのであれば、おしゃれな外観に仕上げたいですよね。
そこでここからは、屋根と外壁の色についてご紹介します。

*屋根塗装の色の決め方

屋根は外壁に比べて雨や紫外線の影響を受けやすく、塗装の劣化が早いです。
そのため、薄い色で塗装してしまうと屋根がすぐに目立たなくなってしまいます。
また濃い色であったとしても、明るい色はなるべく避けた方が良いかもしれません。
赤や黄色などの明るい色は、劣化したときに色褪せが目立ちやすいです。

塗料の持ちや外壁との相性を考えると、黒やグレーがおすすめです。

*外壁塗装の色の決め方

次に外壁の色ですが、外壁の色を選ぶ際は単色または2色以内にしましょう。
組み合わせる色が多いと、それぞれの色が魅力を打ち消しあってしまい、最終的には面白みのない外壁に仕上がってしまいます。

また色を組み合わせる際は、劣化の仕方が異なる色を使わないように心がけてください。
例えば赤と白の2色で外壁を塗ってしまうと、劣化具合に差が生まれやすくなります。
外壁の色を組み合わせる場合は片方の色落ちが目立たないように、濃淡の差が少ない色を選びましょう。

*外壁と屋根の色の組み合わせ

外観を美しく見せるには、全体の色味のバランスが重要です。
一般的には、外壁よりも屋根の色が濃い方が良いと言われています。
これは、見えている面積の広い外壁を薄い色にすることで、建物全体がシャープに見えるからです。

□まとめ

今回は、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットやデメリット、色の決め方についてご紹介しました。
同時に塗装をすると一度にかかる金額は大きくなりますが、長期的に見るとコストを抑えられます。
また業者選びは、慎重に行いましょう。
塗装やリフォームについて分からないことがあれば、いつでも当社へご相談ください。

この記事は塗装班職長の私、三崎涼介が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、ペイントパンセへご依頼くださいね♡

無料お見積もりは今すぐお電話を。