ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井の外壁塗装業者が教える!外壁塗装の耐用年数はどのくらい?

外壁塗装について塗り替え時期に迷ってはいませんか。

塗装の耐用年数は、一般的に10年ほどと言われています。

自宅を購入してから、10年以上経っても外壁塗装のメンテナスを1度も行われていないという方もいらっしゃると思います。

メンテナンスを放置しておくと、外壁塗装の剝がれた部分が見つかることや、外壁の汚れが気になってきます。

この記事では、外壁塗装の耐用年数と、耐用年数を伸ばす方法についてお話しします。

外壁塗装の耐用年数は?

外壁塗装の耐用年数は、塗料の種類によって大きく変わってきます。
また、塗料の種類でも製品によって少しずつ変わってきますが、大まかにはウレタン塗料は7~10年ほど、シリコン塗料10~16年ほど、フッ素系塗料15~20年ほどです。

こうして見ていただくとよくわかりますが、塗料はだいたい塗ってから10年経つと、その強度や機能が怪しくなってきます。

そのため、10年が経過したら一度業者に見てもらうことがおすすめなのです。

もしかすると、予想以上に外壁塗装が劣化しているかもしれません。

外壁塗装の耐用年数を伸ばすためにできること

業者の作業を確認する

多くの外壁塗装業者は、塗装をする際には、必ず汚れを落とす高圧洗浄をおこなっています。

この工程がしっかりと行われていると、塗装をする際に塗料と壁の間にゴミが入ることなく、しっかりと密着するので、塗装が剝がれて落ちにくい状態になります。

そのため、高圧洗浄をしっかりとおこなっているか確認することが大切です。

劣化がしやすさによって塗る回数を変える

外壁塗装は紫外線・雨・風・砂ほこりといったことが原因で劣化していきます。

例えば、紫外線を最も受けやすいのは家の屋根や南側の外壁です。
こういった部分には、北側の外壁よりも塗る回数を増やしたり、他よりも耐久性能の高い塗料を使ったりすることで、他よりも塗装の耐久性を高めることができます。

まとめ

外壁塗装の耐用年数は塗料によって差はありますが、10年ほど経過すれば、一度業者に依頼して、劣化の具合を調査してもらうことがおすすめです。

また、定期的に外壁のメンテナンスを行っていると、長く塗装を持たせることができます。

そのため、しっかりと外壁塗装のメンテナンスをして、耐用年数を維持できるようにしましょう。

何かご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。