ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井の外壁塗装のプロが外壁塗装の色の組み合わせ方についてご紹介します!

・福井の皆様、こんにちは。
福井の外壁塗装専門店ペイントパンセ職長の三崎です。
この記事は塗装班職長の私、三崎涼介が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡

皆さんは、外壁塗装の色の組み合わせについてイメージが湧くでしょうか。
本当にこの組み合わせでも大丈夫なのか気になったり心配したりする方もいらっしゃいますよね。
また、人気の組み合わせについて知っておきたいですよね。
そこで今回は、福井の外壁塗装のプロが次の4つについてご紹介します。
色の組み合わせ方の考え方、失敗しないためのポイント、人気の組み合わせ、外壁と屋根の色の組み合わせの4つです。
色の組み合わせについて失敗したくない方、組み合わせについて知っておきたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

□色の組み合わせ方の考え方について

皆さんは、色の組み合わせ方についてイメージが湧くでしょうか。
ここでは、色の組み合わせ方の考え方についてご紹介します。

1つ目は、補色を利用する考え方です。
捕色とは、特定の色から見て、正反対の色を指します。
捕色を使用すると、お互いの色が目立つのでおすすめですよ。

住宅を目立たせたい方は、考慮してみると良いでしょう。
落ち着いた色にしたい場合は、補色ではなく近い色を選んでみましょう。

2つ目は、サイディングの境界部分に注目する考え方です。
色の境界を目立たないようにサイディングの切れ目で色分けします。
外壁の角や付帯部分で色分けすると、綺麗に見えるでしょう。
中途半端な位置で色分けすると、境界が目立つので注意しましょう。

3つ目は、ベランダの色についてです。
ベランダだけ色を濃くすると、外壁のデザインが単調ではなくなります。
部分的に強調されて、見栄えが良くなるでしょう。
ただし、面積や数によってはバランスがおかしくなるので注意しましょう。

4つ目は、外壁と屋根についてです。
外壁と屋根で異なる色を使用することが一般的とされています。
屋根は外壁に比べると、紫外線を受けやすく劣化が早いといえるでしょう。

そのため、屋根を薄い色にすると、目立たなくなってしまいますよね。
さらに、外壁も単調な配色のような印象になってしまいます。
ただし、赤や黄色などの明るい色を屋根に使用するのは劣化が見えやすいので、おすすめできません。
屋根は黒や灰色などの劣化が見えにくい色がおすすめですよ。

□失敗しないためのポイントとは

ここまで色選びの考え方についてご紹介しました。
ここからは、失敗しないためのポイントについてご紹介します。
住宅の色選びで失敗したくないですよね。
失敗しないためのポイントは4つあるので一緒に確認していきましょう。

1つ目は、イメージを言語化することです。
近隣の住宅を見て、周囲の住宅と色を同調させるのか、それよりも目立たせたいのかを考えましょう。
仮に、ご近所に気に入った色の住宅がある場合は、色味を確認しておくと良いでしょう。
通りから自分のお家がどのように見えるのか確認しておくことをおすすめします。

また、立地条件も大きく影響するので注意しましょう。
大通りに面していたり、自然の中にあったり、立地条件はさまざまですよね。
立地条件に合わせて住宅の色を考えていくと良いでしょう。

2つ目は、似た色の選択に注意することです。
自分がしたい色を依頼しても、その色にも似た色が多くあります。
まずは、どのような色にするかを決めて、候補をリストアップしておきましょう。
このとき、小さい色見本ではなく、大きい色見本で選部ことがおすすめです。

3つ目は、色見本を使用することです。
色選びは、何十種類か一緒に入った見本帳を見ることになるでしょう。
その際に候補をリストアップしていきましょう。

また、外壁や屋根は太陽光によって見え方や印象が変わります。
朝の見え方、昼の見え方、夜の見え方の3つについて確認しておきましょう。
また、晴れの日、曇りの日などの天気によっても見え方がわかるので、天気によっても確認しておくことをおすすめします。

4つ目は、カラーシミュレーションすることです。
なかなか決まらない場合は、全体の配色を考えてみましょう。
バランスは良いか、色の組み合わせは良いかなどを確認していくと良いですよ。

□人気の組み合わせについて

ここからは、人気の組み合わせについてご紹介します。
皆さんは、外壁でよく活用される色は何色だとお考えでしょうか。
多く活用される色としては、ホワイト系、ベージュ系、グレー系、ブラウン系、ブラック系が挙げられます。

ホワイト系の組み合わせは、最も活用されやすいです。
ベージュ系やグレー系と組み合わせると、落ち着いた印象の住宅になりますよ。
ブラウン系と組み合わせると高級感がある住宅、ブラック系と組み合わせるとスタイリッシュな印象の住宅になるでしょう。
ワンポイントで赤やネイビーなどの濃い色を入れてみても良いでしょう。

ベージュ系の組み合わせは、同系色の色と組み合わせることが多いといえるでしょう。
優しいイメージの住宅を完成させられます。
また、近隣や周辺の環境との調和がしやすい色であるといえるでしょう。
濃いブラウンと組み合わせると、重圧感がでますよ。

グレー系は、落ち着いた雰囲気やスタイリッシュな印象を与えられます。
薄いグレーとホワイト系を組み合わせると、落ち着いた印象をもつといえるでしょう。
薄いグレーと濃いグレーの調和であれば、スタイリッシュなイメージにできますよ。

ブラウン系は、重みがある印象に仕上げられます。
組み合わせによって、高級感や上品さ、爽やかさなどの印象を与えられますよ。
ベージュ系との組み合わせは、優しいイメージになるので人気であるといえるでしょう。

ブラック系は、ホワイト系と合わせるとシンプルモダンのデザインを完成できます。
個性的な雰囲気を出したい方や、モダンで都会的な印象を与えたい方におすすめですよ。

□外壁と屋根の色の組み合わせの事例について

最後に、外壁と屋根の組み合わせについてご紹介します。
屋根には、瓦屋根、黒い屋根、緑の屋根などさまざまな屋根がありますよね。
今回は、屋根に合わせて外壁を選ぶ際にぴったりな4種類の屋根についてご紹介します。

1つ目は、瓦屋根です。
洋瓦は、ベージュやホワイトなどの明るい色に似合いますよ。
一方、和瓦は明るい色に合わせると、モダンな印象になります。
暗い色にすると、重厚感がある印象を与えますよ。

2つ目は、黒い屋根です。
黒は無彩色ですよね。
そのため、グレー、ホワイト、ベージュ、黒などの色を外壁にすると良いでしょう。
暗めの赤や緑もおすすめですよ。

3つ目は、緑色の屋根です。
緑色の屋根は、屋根の色を引き立たせる色の外壁にすると良いでしょう。
例えば、ホワイト、黄みよりのベージュ、明るさの異なる緑などが挙げられるでしょう。

4つ目は、オレンジや茶色の屋根です。
これらの色は、ヨーロッパ風のレトロな住宅に使用されます。
ホワイトやベージュがおすすめの色に挙げられますよ。
屋根より薄い色のオレンジや茶色でも似合うでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装の色の組み合わせについてお困りの方へ、次の4つについてご紹介しました。
色の組み合わせ方の考え方、失敗しないためのポイント、人気の組み合わせ、外壁と屋根の色の組み合わせの4つです。
当初の悩みは解消されたでしょうか。
また、色の組み合わせのイメージは湧いたでしょうか。
今回の記事を参考にして、外壁塗装の色の組み合わせを考えてみてくださいね。
当社は、塗装だけではなくリフォームに関することも対応できます。
お困りの際は、お気軽に当社までご連絡ください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。