ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井にお住まいの方へ!外壁塗装の相場をご紹介します!

家を所有している方は、外壁塗装を定期的にメンテナンスする必要があります。
定期的にメンテナンスを行うことによって、見栄えも良くなり断熱性や防水性があがるでしょう。
そのため、家の実用性をあげるためにも外壁塗装はした方が良いと言えます。
しかし、具体的にどのくらいの費用がかかるのか、気になりますよね。

外壁塗装の相場は、自分が所有している土地の大きさによっても、依頼する会社によっても変わってきます。
今回は、福井にお住まいの方は特に必見の外壁塗装の相場についてご紹介します。

□外壁塗装の費用相場とは?

外壁塗装の費用相場は、基本的に塗装する家の塗装面積で決まります。
例えば、10坪の場合は塗装面積が40平方メートルのため、費用相場はおよそ20~40万円です。
30坪の場合は塗装面積が119平方メートルのため、およそ60~100万円、198平方メートルの50坪の場合は100~160万円ほどかかります。

一般的に、戸建て住宅の平均は30坪ほどとされているため、大体60~100万円はかかるでしょう。
前述したように、外壁塗装費用は塗装面積によって決まります。
塗装面積は延床面積数を換算する方法で表せますよ。
まず、1坪を約3.3メートルとして、家の坪数に応じて3.3平方メートルを掛けます。

例えば、80坪の場合は3.3×80=264平方メートルです。
これで延床面積数がでます。
この延床面積数に1.2の係数をかけると塗装面積が算出されますよ。
この場合は264×1.2=316.8平方メートルですね。

□外壁塗装の内訳をご紹介します!

戸建て住宅にかかる外壁塗装費用は最低でも60万円かかります。
主な内訳は、4つあります。

1つ目は、材料費です。
外壁塗装をする際に使用する塗料だけでなく、養生シートや飛散防止ネット、サイディングボードやシーリング剤といった塗装するためには欠かせないものすべてがこちらの材料費に含まれています。
もちろん、選ぶ塗料によって価格や耐用年数が違うため一概には言えないですが、全費用の約4分の1を占めています。

2つ目は、足場の費用です。
足場の費用は必要なのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、塗装工事をする際は塗装をきれいに行うために、安定した足場を家の周辺に建てる必要がある欠かせないものです。

会社によっては無料なところもあるかもしれませんが、そういった会社は塗料の単価を高くし、他の項目に費用を上乗せしている可能性があります。

3つ目は、人件費です。
こちらは費用の内訳の中で最も比率が大きいです。
新人の職人、ベテランの職人によって人件費が異なるため、ベテランが多いとその分費用はかかるでしょう。
どの程度の人数で作業するのか、塗る面積はどのくらいかによっても変わってくる部分です。

4つ目は、運搬費や運営費です。
塗装会社が家まで向かうための交通費や塗装工事の許可を取るために必要な費用、会社の運営費用が含まれています。
他にも、建物がひどく劣化していた場合に行う作業や塗装工事で出た廃材を処分する費用もこちらに含まれるでしょう。

□外壁塗装を安くするコツをご紹介します!

家の塗装が劣化してきたため塗装をしたいと考えていても、費用が高額で手を出しづらいですよね。
実は、外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うことで費用削減につながります。
その理由としては、足場代の節約があります。

例えば、外壁塗装をした際の足場代が30万円だったとします。
この場合、外壁塗装と屋根塗装を別々に行うと、足場代だけでおよそ60万円がかかってしまい、手間がかかるだけでなくお金も失ってしまいます。

合計金額で計算しても足場代は非常に大きな金額のため、できるだけ減らした方が賢明です。
また、外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うことは、塗装会社との打ち合わせ回数を減らし、工事期間を別々にしなくて良いため、近隣への配慮ができるメリットもあります。
経済的な面や周囲との関係の面から見ても、外壁塗装と屋根塗装はできるだけ一緒に行った方が良いでしょう。

□外壁塗装にはどんな支払方法がある?

外壁塗装の支払い方法は、主に3つあります。
1つ目は、現金での支払いです。
現金での支払いには、支払うタイミングや回数で違いがあります。

最も一般的なのは、工事が終了した後代金を一括払いする方法です。
こちらの良い点は、工事が終わったことを確認したうえで工事代金を支払うため、代金を持ち逃げされることなく安心して依頼ができます。

他にも、工事する前と後の2回、もしくは3回に分けて支払う方法があります。
3回払いが実施されるのは費用が高額な場合のみです。
そのため、一般的にこの方法はあまりされないですね。

工事開始前に一括払いを請求する会社もあるかもしれませんが、そういった場合は代金を持ち逃げされる可能性があるため、注意しましょう。

2つ目は、クレジットカード払いです。
近年ではクレジットカード払いに対応する塗装会社が増えてきています。
クレジットカードを利用することによって、簡単に支払いができ、カード会社からポイントが与えられるのはメリットと言えるでしょう。

3つ目は、ローン払いです。
外壁塗装は基本的に高額な費用がかかるため、まとまったお金を用意できないこともあるかもしれません。
そういった場合は、ローンでの支払いも可能な会社を探すのが良いでしょう。
ローンの相談先としては、外壁塗装会社や銀行、住宅ローンの借入先があげられます。

□外壁塗装の際のトラブルとは?

外壁塗装をする際のトラブル事例は、主に2つ存在します。
1つ目は、大幅値引きです。
「今すぐ契約をしてくれたら見積り書の合計金額から半額にします」と言われたら、その金額に心を動かされて考えてしまうかもしれませんが、これには注意が必要です。

しかし、塗装工事には材料代や人件費、足場代といった一定の費用が必ずかかるため、最初の見積り書から大幅な値引きはできるはずがありません。
そういったことを提示してくる会社は、本来の期間を無理やり短縮して終わらせていたり、使用する塗料を少なめにしていたり、依頼主にわからないように工事品質を下げている可能性があります。

こういったことが起こらないためにも、大幅な値引き額を提示された際には、「なぜ安くなるのか」といった考えを持つことが大事です。

2つ目は、追加費用です。
見積りの際にお求めやすい金額を提示しておきながら、オプション工事を追加して後から請求する悪徳な外壁塗装会社も存在します。
「この部分補修しておきますね」とまるで無料でやってくれる口ぶりで工事を行い、後で請求する場合もあるかもしれません。

追加で工事が発生した場合には、最初に提示された見積り額の範囲内で対応可能なものであるかを確認しておきましょう。
もし見積り外だった場合は、改めて見積りを依頼することによってこういったトラブルを防げます。

□まとめ

今回は、外壁塗装の相場についてご紹介しました。
外壁塗装は基本的に高額での取引であるため、自分で念入りに合計金額はどれくらいかといった計画を立てておきましょう。
大幅な値引きや追加費用を請求してくる会社にも注意が必要です。

株式会社パンセでは、昭和42年の創業以来、自社で塗装職人と大工を育成してきました。
そのため、施工品質には自信を持っておりますし、介在業者も少ないため、費用も抑えられます。
もちろん、お客様のアフターフォローも万全です。
福井県にお住まいで外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社にお気軽にご連絡ください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。