ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井にお住まいで雨漏りにお悩みの方へ!外壁塗装での予防策について解説します!

福井の皆様、こんにちは。
福井、鯖江で外壁塗装屋根塗装施工数実績ナンバーワンの地元福井の塗替専門店リフォームパンセ、塗装職人の三上浩平です。

外壁塗装をお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、雨漏りの予防策について知っておきたいですよね。
そこで今回は、外壁塗装をお考えの方へ向けて、雨漏りの予防策について解説します。

□外壁からの雨漏りに気付きにくい理由とは

外壁からの雨漏りは、住宅の壁に影響しづらいので気付きにくいです。
詳しく説明すると、外から侵入してきた雨水は下に向かって垂直に移動します。
内部に遮るものがない限り横には移動しません。
外壁から雨漏りが起こっていても、垂直である壁には影響しづらいので気づきにくいです。

外壁に入った雨はほとんどの場合、防水紙によって遮断されます。
また、これを突破しても断熱材があり多くの場合ここで含水されます。
このように、部屋の壁にまで雨水が到達しない場合が多く、雨染みができにくいです。
部屋の壁にシミができる場合としては、雨漏りが始まってからしばらく時間が過ぎている場合や、大量の雨水が一気に侵入してきた場合などが挙げられます。

このように、建物の構造上気付きにくいので注意しましょう。

□外壁塗装をしても雨漏りしてしまう原因とは

外壁の状態が原因ではない場合があります。
その場合、外壁塗装をしても雨漏りしてしまうことがあるでしょう。
ここでは、その原因について解説していきます。

*屋根

屋根に原因がある場合は外壁塗装をしても改善しません。

また、その原因としては3つ挙げられます。

1つ目は、瓦のひび割れです。

経年劣化によってひびがはいってしまうと、雨水が侵入しやすくなってしまいます。
破損がみられないとしても、構造上雨水が溜まりやすい箇所があり、そこに時間の経過によって穴が開くと、雨漏りの発生につながってしまうこともあるでしょう。
ひび割れがある場合には、部品を交換することが大切です。

瓦屋根の場合、瓦がずれることによって雨漏りが発生することがあります。
例えば、強風でずれることが考えられます。
ずれるだけでなく、飛んでいってしまうこともあるでしょう。
ずれてしまった場合には、元の位置に戻すようにしましょう。

2つ目は、スレートの破損です。
スレート屋根は外部からの衝撃で破損することがあります。
その結果、雨漏りの原因につながることもあるでしょう。
加えて、釘を打ちつけて設置されているので、この釘穴から雨水が侵入してしまうこともあります。
破損してしまった場合には、修理して対処するようにしましょう。

3つ目は、防水シートの劣化です。
瓦屋根やスレート屋根の下には防水シートがあります。
これは、時間の経過によって品質が下がってしまいます。
その結果、防水性能も同時に下がってしまうでしょう。

防水性能が低下したまま放置しておくと、雨水が侵入しやすくなり、雨漏りの発生につながります。
このような場合には、張替えや下地の塗り直しが必要となります。

*塗装の下地や継ぎ目

外壁塗装の下地にひび割れがある場合、そこから雨水が侵入し防水シートが腐食してしまうことにつながります。
その結果、雨漏りが発生してしまいます。
その場合には、下地として入っている防水シートを張り替えるようにしましょう。

また、シーリング剤が劣化が原因の雨漏りに対しても、外壁塗装では改善しない可能性があるでしょう。
一般的に、素材にサイディングボードを採用する際には、壁材同士をつなげるためにシーリング剤を打ちます。
これが劣化してしまうと継ぎ目が破れてしまい隙間ができるため、そこから雨水が侵入します。
その結果、雨漏りが発生してしまうでしょう。
このような場合には、シーリングの打ち換えやシーリング剤の充填で直せるでしょう。

□外壁塗装での雨漏りに対する予防策とは

外壁塗装の表面が劣化すると壁の内側に雨水が浸入し、家の内部へ水が流れる経路ができてしまいます。
その結果、深刻な雨漏りに発展してしまうでしょう。
雨水が入ってくる状態を放置すると、内壁や天井裏が腐ってきて建物の寿命も縮んでしまいます。

雨漏りが発生してしまった場合には、そのあとの修理が大変です。
そのため、あらかじめ外壁塗装で予防しておくことが大切です。
では、どのようにして予防すれば良いのでしょうか。

*耐用年数の長い樹脂成分の塗料を採用する

外壁塗装での予防する場合は、耐用年数の長い樹脂成分の塗料を検討すると良いでしょう。

特に、シリコン樹脂やウレタン樹脂などは、成分によって耐用年数と値段が異なります。
例えば、現在ではシリコン樹脂が主流で、値段はウレタン樹脂よりも高くなります。
しかし、塗り替えまでの期間は長いので、長期的に見るとコストパフォーマンスに優れていることがメリットだと言えるでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装での予防策について解説しました。
外壁からの雨漏りには気付きにくいので、その予防策を万全にしておくことが大切です。
また、雨漏りの原因を把握しておき、その対策もしておくと良いでしょう。
外壁からの雨漏りが心配な方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

この記事は塗装職人の私、三上浩平が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、リフォームパンセへご依頼くださいね♡

無料お見積もりは今すぐお電話を。