ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で屋根塗装!雨漏りの原因と対策についてご紹介!

屋根塗装を依頼しようと検討している方の多くは「雨漏りしているから」でしょう。
雨漏りすると建物内に浸水して、日常生活が不便になってしまうだけではなく、至るところが腐食しやすくなってしまいます。
その結果、建物の耐久面においても大変危険な状態になります。
そこで今回は「雨漏りの原因と対策」についてご紹介します!

【雨漏りの原因と対策】
雨漏りの原因は「屋根の壊れた部分から浸水してきた」というケースがやはり多いようです。
以前と比べると、技術の発達によって屋根は丈夫になり、雨漏りの被害が減ってきました。
しかし、やはり雨風や紫外線が直接当たる部分なので、劣化は免れません。

屋根が劣化してしまうと、大小かかわらずヒビができてしまったり、漆喰が崩れてしまったりといった症状がみられます。
こうした症状が起きてしまうと、屋根に隙間ができてしまい、隙間から雨水が浸水してきて雨漏りしてしまうのです。
雨漏りを放置していくと掃除が面倒になるだけではなく、様々な危険が伴います。

まず、すぐに発見しやすいものでいえば「シミの発生」です。シミが発生すると見た目が悪くなってしまうのですが、シミによる被害は見た目への悪影響だけではありません。
外壁にシミができてしまうとクロスが剥がれやすくなってしまいます。
その結果、何度も張り替えなくてはならなくなるのです。

また、雨漏りによって、カビも発生します。
カビが発生すると、建物が劣化していき、耐久性が著しく低下してしまうだけではなく、カビを餌としているダニが発生してしまうため、衛生的にもよくありません。

こうした症状が発生してしまう前に、雨漏りの対策をする必要があるのです。
まず、簡単にできる応急処置が「ビニールシートをかぶせること」です。
雨漏りを発見するとすぐにこういった応急処置をしてこれ以上浸水しないようにする必要があります。

また、室内に「バケツを置くこと」も応急処置として活躍します。
室内にポタポタと水が流れてしまうと、床を腐食してしまう場合があります。
こうした被害を防ぐためにバケツで応急処置をしましょう。

以上のように、雨漏りが発生すると、日常生活が不便になるだけではなく、様々な被害が及びます。
雨漏りが発生した場合には、すぐに応急処置をした上で、屋根塗装業者に再塗装をしてもらう必要があります。

福井の屋根塗装業者に漆崎塗装店(うるしざき)があります。福井に住んでいて、ご自宅が雨漏りしている場合はぜひ一度、漆崎塗装店に屋根塗装を依頼しましょう!
塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。