ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で外壁塗装!ひび割れの原因と修繕の必要性!

外壁は雨風や紫外線といった外的要因によって、悪影響を及ぼされています。
そのため、年月が経つと確実に劣化していきます。
そんな外壁の劣化症状の1つに「ひび割れ」というものがあります。
このひび割れはなぜ起こるのでしょうか?
今回は「外壁がひび割れする原因」、「ひび割れを発見したら再塗装をするべきか」の2つについてご紹介していきます。

【外壁ひび割れの原因】
外壁のひび割れといっても種類は1つではありません。
ひび割れの種類によって原因は違うので、原因を知るために、ひび割れの種類を見ていきましょう。

・ヘアクラック
ヘアクラックとは、主に塗膜にできるひび割れのことです。
ヘアクラックという名前の通り、髪の毛のように細いひび割れのことです。
ヘアクラックは比較的ひび割れの幅が小さいため、劣化が激しいわけではありません。

そのため、ヘアクラックを発見しても慌ている必要はありません。
ヘアクラックが起こってしまう原因はいくつかあります。
塗膜が時間の経過とともに劣化してきたり、塗装作業の不手際があったりするとヘアクラックになりやすいです。

・構造クラック
ひび割れの中で比較的大きなものは構造クラックの可能性が高いです。
構造クラックの場合は、ホコリや雨水がひび割れ部分から浸水しやすいため、建物の劣化を早めてしまいます。
そのため、早めの対応が必要です。

構造クラックが発生する原因としては、比較的気温が低い環境に住宅があり、外壁が凍結したり融解したりを繰り返すことで発生するケース、激しい地震によって発生するケースなどがあります。

【ひび割れは再塗装するべきか】
ひび割れを発見したとしても、すぐに再塗装をしたほうが良いとは限りません。
ひび割れの大きさを確認してから再塗装するようにしましょう。

具体的にいうと、ひび割れの幅が0.30mm以下の場合は再塗装の必要性は低いです。
「ヘアクラック」の多くは幅が0.30mm以下のひび割れなので、塗装しなくても大丈夫です。
しかし、それ以上の大きさのひび割れは、建物の強度が低くなってしまう場合があります。
そのため、0.30mm以上のひび割れを発見したらできるだけ早めに再塗装をするべきです。

以上のように、ひび割れにもいくつか種類があるので、ご自宅のひび割れがどういった種類のものかを一度確認すると良いでしょう。
もし、幅0.30mm以上のひび割れを発見した場合には、自分で直そうとはせず、塗装業者に依頼することをおすすめします。
福井で外壁塗装を検討している場合はぜひ一度「漆崎塗装店(うるしざき)」にお問い合わせください!
塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。