ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合して、さらにバージョンアップしました。

福井で外壁塗装をご検討の方へ!フッ素塗料について徹底解説します!

福井の皆様、こんにちは。
福井鯖江で施工実績ナンバーワンの外壁塗装屋根塗装専門店ペイントパンセの塗装職人、
石津佳和です。

福井にお住まいで外壁塗装をお考えの方、フッ素塗料についてご存知ですか。
フッ素塗料は機能性が高く、多くのメリットがある魅力的な塗料です。
そこで今回は、フッ素塗料の特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。
また、外壁塗装にフッ素塗料を使うべき人の特徴もご紹介するので参考にしてください。

□フッ素塗料の特徴をご紹介!

先述の通り、フッ素塗料には嬉しい機能が多く備わっている魅力的な塗料です。
そこでここからは、フッ素塗料の代表的な特徴を5つご紹介します。

1つ目が、耐熱性です。
フッ素塗料は外壁への密着力が高いという性質があり、紫外線などの熱から外壁を保護してくれます。
紫外線から保護することで外壁の素材の劣化を防げるため、メンテナンスの回数も少なくて済みます。

2つ目が、親水性です。
外壁に汚れが付着しても雨などで簡単に綺麗にできるという性質もフッ素塗料の特徴にあります。
通常の塗料の塗膜と異なり塗膜に汚れが付着しにくいので、いつまでも綺麗な外壁を保てるのです。
外壁によくある雨染み等の汚れについても、フッ素塗料を塗布することで回避できます。

汚れにくい塗料を選ぶと、一般的には汚れが目立ちやすい淡い色味の塗装を採用しても綺麗な状態を長期間保てるでしょう。

3つ目が、防カビ性、防藻性です。
防カビ性と防藻性も備えているため、外壁にカビや藻が生えづらいです。
光触媒のように太陽光によって影響を受けないため、北側で太陽が当たらない壁面でもカビや藻の心配は無用です。

ただし、カビや藻を完全に防げる訳ではないので、ある程度ご自身でもメンテナンスをしていただくと長期間美観が保ちやすいでしょう。
また、万が一カビや藻が付着しても親水効果によりすぐに除去できるため、カビや藻を発見したら即座に対処するのがおすすめです。

4つ目が、耐候性です。
耐候性とは、屋外で使用した際の気候の変化に対する劣化や変質の起きづらさのことを言います。
フッ素塗料は壁面との馴染みが良いので、耐候性の向上が期待できるのです。
紫外線や雨風から外壁を保護するため、建物の寿命を延ばすことにもつながるでしょう。

5つ目が、耐摩耗性です。
フッ素塗料は耐摩耗性に優れているため、光沢の保持が期待できます。
例えば、アクリル塗料やウレタン塗料の場合は5年で20%、シリコン塗料の場合は10年で20%の光沢が減少すると言われています。
その反面、フッ素塗料は20年で10%しかしないため、艶のある外壁を長期間楽しみたい場合にはおすすめです。

□フッ素塗料のメリットをご紹介!

ここまではフッ素塗料の特徴をご紹介しましたが、ここからはその特徴を踏まえたフッ素塗料のメリットについて4つご紹介します。

1つ目が、耐摩耗性・耐熱性・防汚性が非常に長けている点です。
耐摩耗性・耐熱性・防汚性が非常に優れているのは、フッ素塗料の最大のメリットと言っても過言ではありません。
フッ素と言えば、つるっとした使用感が魅力のフッ素加工のフライパンをイメージされる方も多いでしょう。
摩擦や熱、汚れに対する強さは、このように身近なアイテムでも証明されているのです。

また、高頻度でのメンテナンスが難しい高層ビルや高い耐久力が必須条件である航空機器で積極的に取り入れられているなど、フッ素塗料は頑丈で安心感のある塗料なのです。

2つ目が、耐用年数が外壁塗料の中で最長である点です。
先ほどもご紹介したように、フッ素塗料は、外壁劣化の原因になる紫外線や風雨の影響を受けにくいという特徴を持っています。
劣化の原因となるものの影響を受けづらいからこそ、外壁塗料の中でも最長の耐用年数を誇れるのです。

例えば、住宅の外壁で最も人気のシリコン塗料の寿命は、7~15年と言われています。
一方で、フッ素塗料は15~20年の耐久性を持つので、5~8年も耐久性に優れているのです。
立地などの影響で、塗り替えの際に足場の費用がかさむという場合は、思い切ってフッ素の外壁にするのがお得かもしれません。

3つ目が、高級感のある外観になる点です。
フッ素塗料は独特の美しい光沢感を持ち、汚れにくく劣化しにくいという特徴を持つため、ご自宅をラグジュアリーな雰囲気の外観にしたい方にはぴったりでしょう。
他の塗料と比べても施工時の費用は高くつきますが、値段以上のハイグレードな美観と耐久性をご体感いただけるはずです。

4つ目が、親水性が高く、メンテナンスが簡単な点です。
外壁に水が密着しやすいという特徴を持つため、外壁の表面と汚れの間に水が入り込みやすく、外壁に付着する空気中の汚れは、雨によって自然と洗い流されます。
そのため、ご自身で頻繁にメンテナンスしなくても長期間美観が保ちやすく、忙しい方にも非常におすすめの塗料です。

□フッ素塗料のデメリットをご紹介!

ここまでご紹介したように様々な魅力を持つフッ素塗料ですが、デメリットも存在します。
ここからは、そんなフッ素塗料のデメリットについて3つご紹介します。

1つ目が、価格が高いことです。
フッ素塗料は機能性に長けている分、他の外壁塗料と比べると施工時の費用が高くつきやすいです。
例えば、従来の外壁で使われてきたウレタン塗料の約二倍の料金となります。
フッ素塗料は非常に耐久性に優れているため住宅の屋根に用いられる機会が多いですが、広範囲となる外壁は、予算的に厳しいという理由からあまりメジャーではありません。

ただし、その分耐久性が高いため、長期的に見ると塗り替える頻度が最小限で済み、お得になる場合も多いです。
今後長期間同じ家に住み続ける予定でしたら、メンテナンスの頻度を減らす対策としてフッ素の外壁をご検討するのも一つの手です。

2つ目が、マットな外観がお好みの方は不向きであるという点です。
フッ素塗料は、塗装時の艶が長期間保たれます。
マットな外壁が好みという方は光沢が気になるかもしれないので、実際にフッ素塗料で施された外壁を見て好みに合うか確認する機会をもけるのが良いでしょう。

3つ目が、塗り替え時に注意する必要がある点です。
フッ素塗料は、その高すぎる防汚性から上塗りが難しいというケースがあります。
フッ素塗料で塗装した外壁・屋根のリフォームに慣れている業者なら良いですが、今後、補修塗装をする際に、対応可能な職人を探すのに苦労する恐れもあります。
施工業者に、塗り直しが必要となった場合についてもしっかりと確認しておきましょう。

□外壁塗装にフッ素塗料を使うべき人をご紹介!

最後に、外壁塗装にフッ素塗料を採用すべき人の特徴を2つご紹介します。
1つ目が、とにかく外壁を長持ちさせたい人です。
フッ素塗料は耐久性に加えて防汚性にも長けているため、15年~20年というスパンでとにかく長く持たせたい人には非常に適しているでしょう。

2つ目が、長期的にコストを抑えたい人です。
フッ素塗料は他の塗料に比べると施工時の値段は張りますが、耐久性が高いため長期的に見ると塗り替え回数が減ってコストを抑えられる場合があります。
屋根などの劣化が早い箇所にフッ素塗料を採用すると、塗り替え回数が減りトータルコストが安く済むのでおすすめです。

□まとめ

今回は、福井で外壁塗装をお考えの方に向けて、フッ素塗料の特徴とメリット・デメリットについてご紹介しました。
また、外壁塗装にフッ素塗料を使うべき人の特徴についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

この記事は塗装職人の私、石津佳和が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡
社ではお客様のご要望に最適な外壁塗装をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。