ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で外壁塗装をお考えの方へ!断熱効果についてご説明します

福井で外壁塗装をお考えの方に知っていただきたいのが、断熱塗装についてです。
外壁塗装では、断熱塗料を使用することで断熱効果が期待できます。
夏涼しく冬暖かい家をつくりたい方は必見の内容です。
ぜひご覧ください。

□断熱塗料と遮熱塗料の違いについて

断熱塗料と同じような塗料として、遮熱塗料があります。
両者とも、夏場の太陽熱から屋内の室温上昇を抑えることで、冷房費を削減できる効果を持ちます。
では、両者の違いとは何なのでしょうか。
まずは、その両者の違いについて確認していきましょう。

断熱塗料は、太陽光を建物内部に伝わりにくくすることによって、室温の上昇を抑えられるという効果を持ちます。
遮熱塗料は、太陽光の赤外線を効率良く反射して、室温上昇を抑えるという効果を持ちます。

この両者の特徴により、冬場の保温効果があるかないかという違いが現れます。
冬場の保温効果というのは、室内で使用した暖房器具の保温効果のことです。

遮熱塗料は、熱を反射してしまうため、室内の熱を保温する効果はありません。
断熱塗料は、熱が移動しにくいため、室内の熱が逃げにくく、冬場でも暖かい空間を実現できます。
したがって、断熱塗料は夏涼しく冬暖かい家をつくれるということです。

また、断熱塗料はその性能の良さから、遮熱塗料よりも値段が高めです。
おおよそフッ素塗料や光触媒塗料と同じくらいの価格帯になるでしょう。

以上が両者の違いについてでした。
次は、断熱塗料や遮熱塗料の使用がおすすめの場合をご紹介します。

まずは、金属屋根を使用している場合です。
金属の屋根は熱くなりやすいので、遮熱塗料の効果が他の屋根材よりも出やすくおすすめです。

次は、天井が吹き抜けている場合です。
天井が吹き抜けていると部屋全体の容積が大きく、熱い空気がこもりやすいため、効果が出やすいのでおすすめです。

その次は、リビングや寝室が2階や3階にある場合です。
これらの場所は普段生活する拠点となる場所なので、効果を体感しやすいためおすすめです。

以上が断熱塗料や遮熱塗料の使用がおすすめの場合です。
該当する方は、ぜひこれらの塗料の使用を考えてみてはいかがでしょうか。

□断熱塗料のメリットとデメリットについて

先ほどは、断熱塗料の特徴について簡単に述べてきました。
ここでは、断熱塗料についてもう少し詳しく見ていきましょう。
メリットとデメリットについて解説します。

まずは、メリットについて3点ご紹介します。

1点目は、室内の温度が快適になることです。
これは先ほどご紹介したように、断熱塗料の使用により、夏でも冬でも快適な室内温度で過ごせます。
これにより、冷暖房の使用量も減らせるので、光熱費削減もできますね。

2点目は、防音対策ができることです。
断熱塗料の構造は、複数のセラミックを用いて隙間がないように構成されています。
そのため、他の塗料に比べて表面が厚くなっています。

音は空気の振動により発生するので、表面が厚いほど内部に侵入した振動を軽減でき、音を小さくできます。
そのため、断熱塗装をすると、外の車や雨の音、屋内からの話し声の音漏れを防げます。

3点目は、結露の発生を防止できることです。
結露は室内と室外の温度差が大きいほど発生しやすくなります。
断熱塗装を施した外壁や屋根は、外の温度の影響を受けにくくなるので、室内の温度と同じような温度になります。
これにより、結露の発生を防止できます。

以上が断熱塗料のメリットです。
次は、デメリットについて2点ご紹介します。

1点目は、値段が高いことです。
これも先ほどご紹介したように、断熱塗料は他の塗料に比べて高価です。
しかし、断熱塗料は耐用年数が15~20年ほどと非常に耐久性に優れたものが多いので、長い目で見れば、経済的であるとも考えられます。

2点目は、効果が実感できない場合があることです。
これは、部屋が暑くなる原因は多数あるため、断熱塗料だけでは全ての問題を解決することは難しいためです。
また、もともと断熱材の使用していることで断熱性の高い家では、断熱塗装をしても効果を感じられない場合もあります。

では、断熱塗料が効果を発揮しやすい家にはどのような家なのでしょうか。

まずは断熱性の低い家です。
断熱性の低い家とは、外壁に断熱材の入っていないお家やプレハブ小屋などの建物のことです。

また、金属外壁の家も断熱塗料が効果を発揮しやすいです。
特に断熱材の入っていない金属外壁の場合は、外壁塗料の効果を最大限感じやすい家と言えるでしょう。

以上がメリットとデメリットについてです。
断熱塗装をお考えの際は、これらのメリットとデメリットをよく検討して考えてくださいね。

□断熱塗装の費用相場とは?

ここでは、断熱塗装の費用相場についてご紹介します。

そもそも、外壁塗装にかかる費用の内訳は、「塗料代」「工事代」「足場代」の3つの費用に分かれます。
塗料代とは、塗装に使う塗料代金のことです。
工事代とは、塗装を行う職員さんに発生する人件費のことです。
足場代とは、外壁を塗る際に使用する足場を組む費用です。

外壁塗装の費用は、このような内訳になっていることから、一軒ごとに異なります。
したがって、一般的な費用相場というのはなかなか出しづらくなっています。

そのため、大体の値になりますが、断熱塗装は30坪の広さであれば50~80万円かかるのが相場と言われています。

□当社のおすすめの断熱塗料についてご紹介します!

ここまでご覧になって、「断熱塗料と遮熱塗料のどちらにしようか」とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
当社としては、時期を問わずに室内を快適にしたいのであれば断熱塗料を選択し、夏期の室温上昇を抑えたいのであれば遮熱を選択することをおすすめしております。

また、施工後の温度差は1~3度ほどですので、人の感覚ではあまり変わらないと感じる場合もあります。
夏のエアコンが全く必要なくなるというわけではなく、あくまで現在のエアコンの設定温度を省エネ水準へと変えられるという効果になっています。

ただし、性能を最大限発揮するには確実な施工が必要ですので、外壁塗装会社選びもかなり重要です。
当社は昭和42年の創業以来、徹底した職人教育を行っていますので、高い施工技術力を維持しております。
断熱塗装の際でも安心してご依頼いただけますので、ぜひお問い合わせください。

また、「断熱塗料に興味がわいてきたけれども、何を選んだら良いか分からない」
ここまでご覧になって、このようにお考えの方もいらっしゃるかと思います。
そこで最後に、当社のおすすめの断熱塗料についてご紹介させていただきます。
ぜひ参考にしてみてください。

断熱塗料なら、日清産業のガイナを強くおすすめします。
他社製品でも似たような商品は多く発売されていますが、ガイナはJAXAとの共同開発のため、性能差と実績は群を抜いているでしょう。
他にも断熱塗料には、プレミアムペイントのMagicや、アステックのスーパーシャネツサーモなどがあります。

また遮熱塗料の場合は、アステックの美壁革命がおすすめです。
各種樹脂、対応素地用が用意されており、多くのご自宅で遮熱を採用できるようにラインナップされています。

以上がおすすめの断熱塗料と遮熱塗料になります。

□まとめ

今回は、断熱塗料について詳しく解説しました。
断熱塗料には、室内温度を快適に保つという大きなメリットがあります。
断熱塗料や遮熱塗料について、他にも何かご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。