ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で外壁塗装をお考えの方に向けてシーリング打ち替えの必要性を解説します!

・福井の皆様、こんにちは。
福井鯖江で施工実績ナンバーワンの外壁塗装屋根塗装専門店ペイントパンセの塗装職人、
小司勲です。
この記事は塗装職人の私、小司勲が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡

「外壁塗装について知識が浅いため情報がほしい」
「シーリング打ち替えを検討しているがあまり理解していない」
福井県でこのようにお考えの方は多数いらっしゃるでしょう。
今回は、外壁塗装におけるシーリング打ち替えに役立つ情報をお届けします。
ぜひご参考になさってください。

□シーリングとは

シーリングとは、ポリウレタンやシリコンによって作られる樹脂製品です。
空気や水を通さないように、モノとモノの隙間を密閉する材です。
皆さんが普段身近に目にしている物で言うと、お風呂場にある浴槽とタイル、または壁との境界線にあるゴムのようなものを指します。
別名、コーキングとも呼ばれています。

シーリングの役割は主に2つあります。

1つ目は、ALCパネルやサイディングボードのような建材を使用する際に、雨水の浸入を防ぐ役割です。
建材同士の境目には、必ず溝や隙間ができてしまいます。
その隙間から、汚れや雨水が入り込んでしまうと、そのお家が傷む原因になります。
そのため、シーリング材は非常に重要な役割を果たします。

2つ目は、ひび割れを防止する役割です。
シーリングはゴムのように柔軟に変形できるため、地震や温度変化による外壁の伸び縮みに柔軟に対応できます。
シーリングを建材と建材の間に用いることで、クッションの役割を果たし、お家にヒビが入るのを防いでくれています。

□シーリングの種類について

シーリング材には様々な種類があり、それぞれ使われる用途が異なります。
ここでは、それらの特徴と用途についてご紹介します。

1つ目は、アクリル系シーリングです。
用途としては、主に新築を建てる際にALCパネルの目地に用いられます。
他の種類に比べて耐久性が低いため、打ち替えを行う際に使われることは滅多にありません。

2つ目は、ウレタン系シーリングです。
用途としては、主に外壁に生じたひび割れや目地を補修する際に用いられます。
また、塗膜で覆いたい際にウレタン系のシーリングの上から塗装するためにも用いられます。
耐久性が高いですが、ホコリの付きやすさや紫外線への弱さが弱点です。

3つ目は、ポリウレタン系シーリングです。
非常によく使われるシーリング材で、ALCパネルの目地や外壁塗装の下地処理に用いられます。
弾力性において非常に優れているのが特徴です。
紫外線劣化が早い素材であるため、外壁塗装に用いられる際には、必ず塗装して覆われます。

4つ目は、シリコン系シーリングです。
用途としては、主に浴槽やキッチンの周りの補修に用いられます。
シリコン系シーリングを用いた部分には、上から塗料を塗れません。
機能面では耐候性や耐熱性に非常に優れていますが、汚れやすいのが弱点です。

5つ目は、変成シリコン系シーリングです。
変成シリコン系シーリングは、シリコン系の改良版で、非常によく用いられます。
耐候性や耐熱性に関してはシリコン系よりも劣るものの、弱点だった目地周辺の汚れやすさが改善されたものです。
また、塗料を上から塗れることも1つの特徴でしょう。

6つ目は、油性シーリングです。
用途としては、外壁の亀裂部分や屋根の防水層、窓・ドア枠によく用いられます。
皮膜を形成するにもかかわらず、中が固くならずに柔らかさを保っていることが特徴です。

7つ目は、ポリサルファイド系シーリングです。
接着性に優れたシリコン材のことで、金属類にしか用いられず、石目地に良く用いられます。
塗装するのはあまりおすすめできません。

□シーリング張替えが必要かどうか判断する方法とは

指で触ってみるとわかりやすいですが、施工して間もないシーリングは、弾力がしっかりとしています。
しかしながら、5~10年くらい経ってくると、シーリングが劣化し始めるため、異常がみられるようになります。
この異常が発生し始めた頃が、シーリング打ち替え時期だと考えましょう。

1つ目のシーリング打ち替えの目安は、破断やひび割れです。
シーリングに破断やひび割れが見られる場合、シーリングの柔軟性が機能していないことを示しています。
そのため、もうすでに寿命を迎えている、または数年以内に寿命を迎えるという認識を持つようにしましょう。

2つ目のシーリング打ち替えの目安は、剥がれや肉やせです。
シーリングの弾力が落ちている場合、施工したシーリングの線が細くなる現象が起きます。
これを肉やせと言い、肉やせが生じている場合、外壁材とシーリングの間に隙間ができてしまいます。
そのため、シーリングの役割を果たせていない可能性が高く、シーリング張替えの必要があります。

また、肉やせを放置してしまうと、シーリングが剥がれ落ちて完全に機能しなくなるため、雨水の浸入が予想されます。
こうしたことにならないように、肉やせが生じている時点でのシーリング張替えをご検討いただくことをおすすめします。

□シーリングの補修方法とは

シーリングの補修方法には、シーリング打ち替えとシーリング増し打ちの2つがあります。
これらの補修方法の使い分けは、基本的にシーリング打ち替えを行い、例外的に増し打ちを行うと考えておきましょう。
では、実際にどのような場合に使い分けされるのか見ていきます。

外壁塗装工事でシーリング補修をご依頼いただく場合、基本的にシーリング打ち替えをおすすめいたします。
なぜなら、劣化しているシーリングによって中途半端に機能している部分を取り除き、すべて新しくするため、耐久性が向上するからです。

外壁塗装工事の際に、シーリング打ち替えも行うことで、お家の外壁のつなぎ目に柔軟性や防水性をもたらせます。
シーリング打ち替えではなく、打ち増しを行うとなると、その部分のシーリングを完全に恢復できるとは限りません。
硬くなったシーリングの表面を塗り重ねる形になるため、内側の古いシーリングが原因で、劣化速度が早まる可能性があります。
また、古いシーリングと新しいシーリングが上手く馴染まないことによる剥がれも予想されます。

では、どういった場合に打ち増しを行うのでしょうか。

それは、サッシ周りを修繕する場合です。
ドアや窓のサッシ周りを修繕したい場合は、打ち増しを行うことがおすすめです。
なぜなら、サッシ周りのシーリング打ち替えを行う際に、防水紙を切ってしまうと雨漏りにつながる可能性があるからです。

また、壁同士の突き当り部分である入隅にも打ち増しが用いられます。

□シーリングの補修費用について

シーリングの補修を行うとなると、どうしても補修費用がかかってしまいます。
ここでは、シーリング補修をご依頼いただく際にかかる費用を、シーリング打ち替えと打ち増しの2種類に分けて費用をご紹介します。

まず、シーリング打ち替えの場合です。
シーリング打ち替えの場合、(シーリング材×長さ)と足場台、既存のシーリングを撤去するのにかかる費用を足した費用がかかります。
シーリングの種類や施工する量によっても価格が変動するため、一概には言えませんが、42~47万円程度が相場でしょう。

次に、シーリング打ち増しの場合です。
シーリング打ち増しの場合、(シーリング材×長さ)と足場代を足した費用になります。
足場代は、基本的に15~20万円ほどが相場であるため、30~35万円ほどが相場と言えるでしょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装におけるシーリング打ち替えに役立つ情報をご紹介いたしました。
当社では、営業担当と職人の両方が塗装に関する知識を備えており、お客様に寄り添ったご提案をさせていただけます。
また、外壁塗装だけでなく、雨樋修理や板金などのリフォームにも対応いたします。
シーリング打ち替えや外壁塗装などにご興味ございましたら、ぜひお問い合わせください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。