ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で外壁塗装にお悩みの方に ひび割れの原因と早期での修理の必要性

家の外壁に入ったひび割れを放置していませんか?
「外壁のひびだし、部屋の中で暮らす分には支障はないだろう」と思うのは危険です。

最初はちょっとしたひび割れであってもそこから広がっていき、外壁の基材となる部分にまで拡大していきます。

こうなってしまうと、雨漏りの原因になったり、地震が起きたときに、家が崩れやすくなったりするといった危険性が高まります。

そのため、外壁のひび割れを見つけたときには、早期の段階での修理を施すのが賢明です。

さて、この記事では、外壁のひび割れの発生原因と早期の発見段階での修理の必要性について解説したいと思います。

【塗膜は劣化するもの】
まず、建物というのは、木材などの基材となるものの上に塗料を塗ることで外壁を形成しています。

この塗料で塗られた部分を塗膜と呼ぶのですが、塗膜は毎日日光による紫外線や雨水にさらされています。

そのため、徐々に塗膜は劣化し、ひび割れができてくるのです。使用される塗料によって耐久性も異なります。

また、そもそもの塗装が正しい順序ややり方でされていなければ、塗膜はそれよりも早く劣化していくので、注意する必要があります。

外壁のひび割れの発生原因としては、上で説明した塗膜の経年劣化や塗装方法のミスの他にも、地盤の変化や地震による揺れなどの場合もあります。

【なぜ早く修理しないといけないの?】
外壁の果たす主たる役割は、雨水の侵入を防ぐという防水です。

その役割を補強するものとして塗装は行われます。

上でも説明したように、基材の上に塗料が塗られているのですが、これによって基材が雨水などに触れて腐っていくのを防ぐ働きをしているのです。

しかし、塗装部分にできたひび割れを放置しておくと、雨水はそこからどんどん浸水していき、周辺の塗装部分にまでひび割れが拡大するばかりか、基材部分にも雨水が侵入し、建物の内部まで浸透していきます。

こうなってしまうと、建物の柱などが腐って建物としての機能が果たせず、住めなくなるという二次被害に陥るのです。

こうして見ると、外壁のひび割れの放置は怖いと思わないですか?
新築でも、放置しておくともう住めなくなるといった最悪の事態になります。

もし、ひび割れを見つけたときにはすぐに専門業者に診てもらうなどして、早期での対処をしておくと良いでしょう。

また、発見の段階が遅れると、手遅れになったり、修理費用がかなり高くなったりするといった場合もありますので、こまめにてチェックしておくことも大切です。

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。