ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

屋根塗装を福井で考えてる方に紹介する、塗り替えのタイミングと時期

「家を建てて10年以上経っているけど、そろそろ屋根の塗り替えをしておいた方が良いのかな?」

福井県にお住まいの方の中に、このような考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

屋根の色が褪せていると、家の見栄えも悪くなりますし、塗り替えておいた方が良いと思いますよね。

今回は、屋根の塗り替えの時期はいつなのか、どんなときにした方が良いのかについてご紹介します。

《塗り替えのタイミングっていつ?》
屋根というのは、主に瓦や金属などの基材の上に塗料が塗られているのですが、その塗装部分は太陽の光など外部にさらされているため、徐々にすり減っていきます。

こうした塗装部分がすり減り、薄くなってくると、基材部分まで傷んでくる恐れがあるため、塗り替えが必要となってきます。

しかし、素人の目には、屋根を見たところでそれがすり減った状態なのか、そうでないのかなどはっきり分からないですよね。

基本的に、塗り替えが必要な状態というのは、次のような状態のときです。

・屋根の色が褪せている
・屋根にひび割れがある
・カビやコケが生えてきている
・雨漏りがする

他の場合でも、塗り替えが必要になるときはありますが、基本的にこのような場合には塗り替えを検討、または業者に相談したが良いかもしれません。

これらは塗装部分がすり減った状態であるがために起こる現象ですので、仮に放置しておくと、基材部分まで劣化が進んでしまいます。

修理するとなると、塗装だけでなく、基材部分から取り替えていかないといけなくなり、工事は大掛かりで、費用はさらに高額になります。

《雨の季節や冬の依頼には注意を》
塗り替えをした場合には、塗料を塗って乾かさなくてはなりません。

そのため、梅雨などの雨が多い時期や、冬などの乾燥がしにくい時期というのは塗装する上で支障になります。

基本的に一年を通して、塗装修理を承っている業者が多いですが、これらの時期に塗り替えの依頼をするのは、避けておいた方が良いかもしれません。

依頼する側としても、もちろんお金を払っているのだから塗り替えは成功してもらわないと困りますし、依頼される側としても雨ですと、作業しづらいですよね。

お互いが満足するためにも、依頼の時期において気候面を考慮しておくことをオススメします。

塗り替えのタイミングや時期について解説しましたが、快適な毎日を過ごすためにも、手遅れになる前に、正しいタイミングでの塗り替えが必要だということです。

これを機に自分の家に塗り替えの必要はないのか一度屋根をチェックしてみてはいかがでしょうか。

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。