ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

大手メーカーと地域密着業者の違い

外壁塗装をしようかな、と悩まれている方の中には「大手メーカー」と「地元業者」どちらが良いの?と思っている方も少なくないでしょう。
どちらにもいい点、悪い点があります。どちらの特徴もよく理解した上で選択していくことが重要です。
そこで今回は、外壁塗装における大手メーカーと地元業者の違いについてご紹介します。

まず、大手メーカーについてです。
大手メーカーとは、テレビCMなど広告も行っている、ある程度有名な業者のことを指しています。
大手メーカーは、保証やアフターサービスがしっかりしているので何かトラブルがあった時の対応も安心できます。
また、パンフレットや資料が豊富で提案力があります。

しかしその反面、営業マンとの話合いなので専門知識に欠けること、下請け業者や営業マンの報酬などで中間マージンが発生し、広告やTVCMなどの宣伝費をかけているため総額の施工費用が高くなることがデメリットとして挙げられます。
そのため、見積もり額が驚くほど割高になることもあります。

一方、地元業者はどうでしょうか。
まず、大手メーカーで発生する中間マージンが、自社職人が施工するため発生しません。
そのため、施工費用が適正価格で、品質にこだわっている優良な業者が沢山あります。

また、塗り替えを実際にしてくれる職人や社長と直接打ち合わせをするので、話の行き違いがありません。
専門的な知識を持つプロですので、施工前に色々なことが直接聞けるというのが良い点です。
また、地元業者はその地域に根ざして昔から工事を行ってきているため、その地域性に大変詳しいです。
寒さ、厚さ、雨、風、雪、海の傍なら塩の対策など、地域性に合わせた施工を考えてくれます。

しかし、パンフレットや資料が大手メーカーに比べると少ないことがデメリットです。
さらに、こだわりをもって施工するので天候などにより工期が延びることもあります。
大手メーカーとは違い知名度に欠けてしまうために優良な地元業者と悪徳業者の区別をしっかりした上で、選択しなくてはなりません。
そうでなければ、安かろう悪かろうになってしまうこともあります。

いかがでしたか?
どちらも良い点も悪い点もあるので一概にどちらがいいとは言えませんが、家の塗り替えは決して安いものではありません。
家の寿命に大きく関わることですので、それぞれの特徴をよく理解し業者選びは慎重にしていきましょう。
いくつか見積もりを受けた上で比較を行って、選択をするのも良いことです。

無料お見積もりは今すぐお電話を。