ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装を行う方へ!外壁の色を選ぶ際に注意すべきこととは?

外壁塗装には、建物の景観を良くするというメリットがあります。
ですから、建物の見た目を綺麗にしたいという目的で、外壁塗装を依頼される方はたくさんいらっしゃいます。
 
その際に、外壁をどのような色にするのかというのは重要なポイントです。
外壁の色は、建物のイメージを決定づける要因の一つですからね。
ということで、今回は外壁の色を選ぶ際に注意すべきことについてお話ししようと思います。

原色系は経年劣化が目立ちやすい

原色系の色はその鮮やかさから、建物にも明るさを与えてくれます。
しかし、そんな魅力的な原色系色ですが、経年劣化が目立ちやすいという側面があります。
 
外壁の色が、年々薄くなっていくということは無視できません。
原色系の色はもとが鮮やかであるために、より薄くなったことが目立ってしまうのです。

白や黒には注意

洋服を選ぶ際に、白や黒は合わせやすい色なので、ついつい手にとってしまう方は多いのではないでしょうか。
加えて高級感も演出しやすい色ですからね。
 
しかし、外壁に白や黒を採用する際には注意が必要です。
大きな理由として挙げられるのは、共に汚れが目立ちやすい色だということです。
また、黒は、住宅にしては重い雰囲気になってしまうことにも注意しましょう。

周囲の景観に合わせた色選びをしよう

その他に重要なのは、周囲の景観との調和です。
あなたの家は、あなただけのものではなく、街を構成する要素でもあります。
 
ですから、ただ単に好きな色を選ぶのではなく、周囲の様子や家の色をよく観察したうえで、その色が景観と調和しているか、街に合っているかなどを考えましょう。
また、外壁の色というのは、その家の最も外側の見える面でもあります。
 
周囲に合わない色を選んでしまうと、「あの家の主はいったいどういう人物なんだ・・・」と疑念の目を向けられトラブルにつながる恐れもあります。
ですから、自己満足だけではなく、周囲のこともよく考えたうえで色を選びましょう。

玄関ドアやサッシには注意

アルミでできた玄関ドアやサッシは、一般的には塗装しません。というのも、アルミは塗装がはがれやすいという性質を持っているのです。
ですから、外壁の色を変える場合、玄関ドアやサッシの色を考慮したうえで選ぶ必要があります。
 
 
外壁の色を選ぶ際に注意すべきことをいくつかお話してきましたが、いかがでしたか?
ぜひ今回の内容を参考にして、失敗のない外壁の色選びを行ってください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。