ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装をする際に、注意するべき時期。

大切なマイホーム。家の中だけで無く、外観も綺麗に保ちたいですよね。
そんなときに気になることの一つが、外壁の老化です。
 
外壁が老化すると見た目が悪くなるだけではなく、様々な悪影響を及ぼします。雨漏りや断熱性の低下などが、その例です。
そしてこの老化は、新しく外壁塗装をすることで修復することが出来ます。
そのため、老化に気づいた時点ですぐに塗装をしたいと思う方もおられるかもしれませんが、実は注意するべき時期があることを、ご存知でしたか?

外壁塗装で注意するべき時期とは

外壁塗装をするにあたり、注意をするべき時期はズバリ、梅雨の時期です。
なぜ、梅雨の時期は注意した方がよいのでしょうか。
それは、雨が多いと作業をすることが出来ず、結果としてかなり長い期間がかかってしまう可能性が高いからなのです。

なぜ雨が多いと作業ができないのか

雨による弊害は、沢山あります。
例えば、雨によって塗料が薄くなってしまうという弊害です。
雨が降っていない日に塗った部分と、雨が降っている時に降った部分の色が違っていたら、とても不恰好な外観になってしまいますよね。
 
また、湿気が高いと塗料が乾燥するのが遅くなります。
もしこの上から重ね塗りをしてしまった場合、後で塗装が剥がれてしまったり、ひび割れが起こるなど、よくないことばかりなのです。
 
また、実際に塗装メーカーも、湿度85%以上での塗装は避けるようにと言っています。
このような理由で、雨が多いと塗装作業ができなくなってしまうのです。

それ以外のデメリット

作業ができないということ以外にも、デメリットがあります。
その一つが、塗料の匂いがなかなか消えないというところです。
 
塗料の臭いは、乾燥していればしているほど薄まるので、じめじめしている梅雨の時期と相性が悪いのです。
また、外壁塗装をしている時は窓にもビニールを貼ることになるので、窓を開けることができないことが多いです。
そのため梅雨の時期に窓を開けれないというのも、大きなデメリットです。

意外なメリットも?

梅雨の時期は塗装作業ができない日が増える可能性が高く、長い期間がかかってしまうというデメリットをお伝えしました。
しかし、そういった理由で避ける人が多いということで、逆に他の時期に比べて予約が取れやすいというメリットがあります。

そもそも、時間がかかるというだけで、塗装自体ができないということではありません。
そのため時間に余裕があり、早く予約を取りたいという方にとっては、一概にデメリットばかりではないということが言えます。

いかがでしたか?
今回は梅雨の時期は外壁塗装に時間がかかるということをお伝えしました。
ご参考になれば、幸いです。

無料お見積もりは今すぐお電話を。