ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装はコスパを考えよう|安けりゃいいってもんじゃない!

外壁塗装は「突然の支出」や「無駄な出費」というイメージがあると思います。
毎月の予算から外壁塗装に回さなければいけないのでなかなか実行することは難しいでしょう。
しかし外壁塗装を後回しにしていると後でとんでもないツケが回ってくることになります。
 
重要なのは「外壁塗装は内装工事よりも重要である」ということです。
外壁塗装をおろそかにしていると、雨漏りや外壁が剥がれる原因になったりします。
そこで今回は外壁塗装のよくある勘違いや注意点についてお話します。

外壁塗装の必要性

予算の確保が難しかったり、必要性を感じなかったりする人の多くが前回の工事から10年以上経ったとしても外壁塗装をしないようです。
しかし、外壁塗装を後回しにするのはよくありません。
外壁の劣化は間違いなく家の内側まで蝕んでいくことになります。
 
多くの方はひび割れや苔が生えてから外壁塗装を考えます。
しかしそれでは遅過ぎるかもしれません。
目に見える劣化現象が起きていないとしても前回の外壁工事から10年以上経っている場合はすぐに外壁工事の計画を立てるべきです。
 
なぜなら、保護していない状態で外壁を10年以上放置していると紫外線や雨風に外壁が晒されます。
そうなると外壁塗膜が劣化し、保護されていない外壁がむき出しになります。
そのまま外壁を補修しないままでいると、外壁そのものが劣化してしまいます。
 
「目に見えなくても塗膜は剥がれている」という事です。
塗料が何年耐用できるかはその塗料の種類や、実際に塗った人の技術によるので一概には言えませんが、10年を目安として考えておいて下さい。

安かろう悪かろう

安いものが高い物より高品質なんてことはあり得ません。安いものはそれなりの品質であり、高いものは高い理由があります。
なので通常70万かかるところが半額で施工してもらえたり、一律価格などと謳っていたりする業者はその値段並みのクオリティの工事をするという事です。
例えば塗料について考えましょう
 
一番グレードが低い塗料にアクリル塗料があります。アクリル塗料の耐久年数が5年であるのに対し、一番人気のシリコン塗料の耐久年数は10~15年と言われています。耐久年数は約2倍です。
しかし値段はアクリル塗料の1.5倍です。1.5倍の値段で、2倍の期間使えるのであれば長い目で見ればどちらがお得かは明らかです。

まとめ

外壁塗装は目に見えなくても劣化しているので10年を目安に目に見える異常がなくても塗装するようにしましょう。
また、値段と質は比例します。
非常に高い塗料を選ぶ必要はありませんが、コスパと財布と相談して、最もお得な塗料を選ぶようにしましょう。

無料お見積もりは今すぐお電話を。