ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装の騒音に気を付けよう~近所づきあい編~

外壁塗装のトラブルの一つとして「騒音」が挙げられます。自分の家に騒音が影響するのは仕方ないとして、周りの家にも幾分かは音が伝わってしまいます。騒音なしで作業することはやはり不可能なので、それなりの工夫と対策は必要になります。

そこで今回は音が漏れてしまうのはある程度仕方のないことだと受け止め、それをどのようにしてできるだけ音を減らし、小さくできるかをお話したいかと思います。

◦外壁塗装は壁が何重にもなっている。
壁の中は何重にもなっているため、塗装によっては中に流し込むタイプもあります。

そのために壁に穴をあけないといけません。となると、どうしてもドリルで壁に穴をあけるときに音が漏れてしまいます。

◦塗装を混ぜるときに音が鳴る
塗装によっては機械で混ぜなければならない場合がありどうしても音がなってしまいます。

こちらの場合ですと混ぜる場所が選択できるのならば、地下や音漏れが少ないところでやってもらうようにしましょう。

◦足場を組み立てる際の音
足場を組み立てる際に、よくカンカンという音が響いてるかと思いますが
あれはボルトでつなぎ目を固定しているため音です。工事の中で一番大きい音になると思いますので、特に注意が必要です。

◦対策
塗装工事は自分の家だけの問題ではありません。騒音や、臭いなどによって周りの家にも確実に被害が出るのは当然のことだと思います。近所づきあいは意外と大事なことが多く、困った場面では助けてくれます。

そんな近所の関係を壊さないために大事なのが、誠意です。きちんと周りの家の人にうるさくなる時間帯などの詳細を詳しく伝えておくなどしておいた方がいいでしょう。

また業者さんに時間帯によっては騒音を出さないでほしい旨を伝えておくなどしておくとより近隣とのトラブルが少なくなると思います。

◦最後に
いかがでしたか?今回は騒音トラブルについて記事を書かせていただきました。

外壁の種類や、天候、季節などを重要としている記事は多くありますが、普段から関わりのある近所づきあいという観点からお話させていただき、何か新しい発見や気づきがあれば幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

無料お見積もりは今すぐお電話を。