ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装の耐用年数を長くする方法とは?また、その重要性について

皆さんはマイホームを建ててから、どのくらいの年月が経っています?10年以上たっている方ですと、家のどこかが劣化してくるということもありますよね。
その中で、外壁塗装はどうですか?
 
外壁は常に、自然の脅威にさらされています。
その影響で、外壁がボロボロになったり、外壁の機能が果たせなくなったりすることがあります。
実際に外壁は自然の脅威の影響で、いずれかは外壁塗装の塗り直しをしなくてはなりません。
 
しかし、一回の外壁塗装をできるだけ長く保たせたいですよね。
そこでこの記事では、外壁塗装の耐用年数を長くする方法についてご紹介いたします。

外壁塗装の耐用年数を長くする方法とは?

様々な工夫によって、外壁塗装の耐用年数を長くできます。
それでは、いくつかご紹介いたします。
 
・状況にあった塗料選び
外壁塗装は環境によって最適な塗料は異なります。
それは、日差しが強い地域では遮熱性が強い塗料が良いですし、降雨量が多い地域では防水性が強い塗料が良いということです。
しっかりと地域に合った塗料を選ぶべきです。
 
・塗布の回数にこだわる
塗布の回数は多いほうが良いのですが、安さを売りにしている業者は塗布の回数を一回しかしないケースもあります。
塗布の回数として良いのは、下塗り、中塗り、上塗りという三回の塗布をしてもらうことです。
業者を選ぶ際には塗布の回数を意識して選択してみてはいかがですか。
 
・メンテナンスをする
外壁にひび割れやカビができていないかなど、定期的に確かめましょう。
それによって、異常があった場合にすぐに対応できるので、外壁が機能を失う前に補修ができるでしょう。
もしも、自分で補修できないような異常でしたら、業者にメンテナンスを依頼しましょう。

外壁塗装の重要性とは?

外壁塗装の耐用年数を長くするための方法をいくつかご紹介いたしましたが、これらの対策をしてもダメな場合もあります。
そのような場合は、外壁塗装の塗り直しをしましょう。
外壁塗装が効果を発揮していない状態のまま放置しておくと、外壁が機能を失うだけではありません。
家全体の機能を低下させてしまうのです。
 
外壁は家を外から守ってくれています。
その機能が低下すると、家全体の機能も低下してしまうということです。
ですから、外壁塗装が機能しなくなってしまった場合には、塗り直しをしましょう。
 
 
ここまで、外壁塗装の耐用年数を長くするための方法についてご紹介いたしましたがいかがでしたか。
まずは、耐用年数を長くするための工夫をして、それでも外壁が機能していない状態でしたら、塗り直しをご検討ください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。