ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装の意味、その役割とは?

外壁塗装の耐久年数は、塗料にもよりますが8~15年ほどと言われています。多くの方は、このスパンで外壁塗装などの塗り替え工事や、家のメンテナンスを行うと思います。しかし、外壁塗装は本当に必要なのでしょうか?

外壁塗装を行った後、確かに外観がきれいになりますが、それが家に絶対に必要なメンテナンスと言えるのでしょうか?

今回は、そんな疑問を持つ人のために外壁塗装を行う意味についてご紹介したいと思います。

役割1.美観を保つ
外壁塗装の一つの役割は、家の美観を保つことです。家の美観というのは、長年同じ家にいたら気が付かないことも多いですが、少しずつ劣化していくものです。壁のひび割れ、色の劣化に対しては専門的な処置が必要です。

またそうした専門的な壁面に対する処理が、外観の美しさと家の機能性も向上させます。人と同じように、家も最低限の身なりは整えておきたいもの。そのための美観を保つという事が、外壁塗装を行う一つの意味です。

役割2.家を保護する
二つ目に、外壁塗装は風雨や紫外線などの外部環境から家を守るという役割があります。外壁塗装によって、壁面に塗膜という膜がつくられます。

これが、雨水が家の内部に侵入することを防ぎ、紫外線の影響を最小限に抑えてくれます。もし塗装がされておらず、塗膜が劣化しており十分に機能しない場合には、雨水が壁から少しずつ侵入し、家の寿命自体が短くなってしまいます。

役割3.家の性能を高める
三つ目に、塗料には家の機能性を向上させる役割があります。具体的には、防水、防カビ、遮熱、断熱、低汚染、セルフクリーニングなどです。防水、防カビは家の寿命を長く保つうえでも、非常に大切なものです。

また遮熱、断熱は住んでいる人々の快適性を向上させることができます。セルフクリーニングに関しては、家のメンテナンスの手間を少しでも減らす事によって、住む人々への利便性を追求します。外壁塗装には、こうした家の性能を高める効果があります。

以上に述べたように、外壁塗装をする意味は主に3つあります。

一つ目は、家の美観を保つため。二つ目は、家を保護するため。三つ目は、家の性能を高めるためです。外壁塗装の工事は、大切な家を長く使うためにも必要不可欠なものです。

家のメンテナンスを定期的におこなうことによって、修繕費などのコストをカットし、快適な住宅環境で暮らすことが可能になるのではないでしょうか。

無料お見積もりは今すぐお電話を。