ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装のメンテナンス時期や費用とは?福井で外壁塗装をお考えの方は必見!

・福井の皆様、こんにちは。
福井鯖江で施工実績ナンバーワンの外壁塗装屋根塗装専門店ペイントパンセの塗装職人、
小司勲です。
この記事は塗装職人の私、小司勲が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡

外壁塗装を検討している方の中には、メンテナンス時期がイマイチ分からず、お悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。

建物を保護するための塗装も、いつかはその効果が薄れ、塗り替えのタイミングが訪れます。
このとき、メンテナンスの時期を逃すと、余計な出費をする可能性もあります。

そこで今回は、福井で外壁塗装をお考えの方に向け、外壁塗装のメンテナンス時期と費用について紹介します。

□外壁塗装の塗り替え時期とは

塗り替え時期の目安になるのは、新築時から10年、あるいは前回の塗装から10年経過したタイミングです。

使用されている塗料の耐用年数の前後でメンテナンスが必要になるので、基本的に塗料の耐用年数を塗り替え時期の目安として考えると良いでしょう。

しかし、耐用年数を過ぎていなくても、外壁に劣化の症状が現れている場合には塗り替えが必要になります。
下記のような症状がある場合は、できるだけ早くメンテナンスを検討してください。

・退色
・チョーキング
・クラック

・コケや藻
・塗膜のふくれやはがれ
・コーキングの劣化

塗膜の退色は、紫外線が原因で起こります。

症状がひどい場合は、保護機能の低下が考えられるため、早急に塗り替えをしましょう。

チョーキングは、指でなぞると古くなった塗膜がチョークの白い粉のように付着するものです。

塗装から2年ほどで現れる症状ですが、なぞったときにはっきりと手に付着するようになったら、早めに塗装しましょう。

クラックは、外壁のひび割れのことを指します。

ひび割れが0.3mm以上、または深さが0.4mm以上の場合は補修が必要です。

コケや藻は、塗膜の保護機能の低下から起こるものです。

専用の洗剤とスポンジで洗い流せますが、汚れがしつこい場合は繁殖を防ぐために塗装する必要があります。

塗膜のふくれやはがれは、外壁表面に不自然なふくらみや塗装のはがれが起きているのが特徴です。

症状が部分的なものであれば簡単な補修で済みますが、建物全体に及んでいる場合は、早めの補修が必要です。

コーキングの劣化は、隙間を充填しているコーキング材がひび割れを起こすことです。
建物全体に及んでいる場合は、コーキング材の打ち替えが必要です。

*塗料によってメンテナンスの時期が変わる

外壁に使用される塗料は、種類によって耐用年数が異なります。

主な塗料の耐用年数は次の通りです。

アクリル塗料は5年から7年です。
外壁の塗料としてはあまり使用されません。

ウレタン塗料は8年から10年です。
シリコン塗料に次いでよく使用されます。

シリコン塗料は、10年から15年です。
外壁塗装ではもっとも使用されています。

フッ素塗料は12年から15年です。
塗り替え頻度が少ないため、大型建造物に使用されることが多いです。

このように、塗料によって耐用年数は全く異なります。

□塗り替え時期を逃すと起きるリスクとは

塗り替え時期を把握できずに、最適な時期を逃すと2つのリスクが発生します。

1つ目は、余計な修理費用がかかってしまうことです。

早めに塗装をすれば防げた劣化の症状も、塗り替え時期を先延ばしにしていたせいで劣化の症状がひどくなり、いつの間にか補修する箇所が増えて、結果的に余計な修理費用がかかってしまう、といったケースもあります。

これは、適切な時期に塗り替えをして建物を保護しなかったことにより、守れなかった部分の劣化が進んで、補修をしないと塗装できない状態になってしまったことが原因です。

2つ目は、建物の寿命を縮めることになることです。

メンテナンスをせずに放置しておくと、メンテナンスコストが高くなるだけでなく、家全体の寿命を縮めてしまいます。
なぜなら、劣化で塗膜の機能が低下すると、建物を守るという塗装の役割が果たせなくなるからです。

適切な時期に塗り替えをすれば、防水機能で建物を雨水や湿気から守れますが、先延ばしにしていると建物の躯体まで影響するおそれがあります。
躯体まで被害が及ぶと、建物自体が長持ちしなくなり、倒壊の危険性もあります。

余計な修理費を支払わなくて済むように、そして長く大切に住み続けられるように家のメンテナンスは先延ばしにせずに、いつ頃にするかきちんと計画しておくことが重要です。

□外壁塗装に適した季節とは

では、塗り替えるなら、季節はいつが良いのでしょうか。

一般的に、塗装に向いているのは、春か秋だと考えられています。
その理由としては、雨が少なく、塗料が乾きやすい気温だからです。
実際に、春と秋は塗装屋の繁忙期に入ります。
特に秋から年末にかけては多忙を極めます。

一方で、1月や2月は閑散期になります。
それから、6月から8月も雨が降りやすいため、塗装の依頼数が少ない時期になります。

夏は冬は閑散期ですが、もちろん塗装工事ができないということはありません。
条件さえ整えば、塗り替えは年中行えます。

塗料の効果が十分に発揮されるために、しっかりと硬化・乾燥できる気候条件が揃う必要があります。
それは、「気温が15度から30度、湿度が75パーセント以下」です。

*外壁塗装ができない条件

近年、塗料の進化により、オールシーズン塗装できる製品も増えましたが、以下の条件は塗装に向きません。

・気温5度以外
・湿度85パーセント以上
・雨や雪が降っている日

・外壁の湿度が高すぎる
・結露の発生

以上の条件により、夏や冬の間は塗装できない日が多くなります。
そのため、春や秋が塗装に適していると考えられているのです。

□外壁塗装の費用とは

外壁塗装の費用には、塗料代のほかに、工事代や足場代、会社の利益が含まれます。

塗料は1缶でおよそ40から50平方メートル塗装できます。
つまり、30坪ほどの一般的な住宅の広さであれば、4缶あれば足りる計算になります。

また、塗料の種類によって、塗料代も変わります。

アクリル塗料は1缶あたり、およそ5千円から1万5千円ほどします。
ウレタン塗料は1缶あたり、およそ5千円から2万円ほどします。
シリコン塗料は1缶あたり、およそ1万5千円から4万円ほどかかります。

フッ素塗料は1缶あたり、およそ4万円から10万円ほどかかります。
無機塗料は1缶あたり、およそ5万円から12万円ほどかかります。

以上のように、グレードが高くなるにつれ、その費用も高くなる傾向にあります。

工事代には、飛散防止ネット、高圧洗浄、養生を行う費用が含まれています。
通常はどのような塗装工事の場合もかかる費用です。

さらに、外壁と一緒に付帯部にも塗装を施すため、付帯塗装工事が発生します。
付帯塗装工事には、雨樋や雨戸の塗装、シーリング材の打ち替えなどがあります。
また、現場管理費や廃材処理費などの諸費用がかかることもあります。

足場代は通常、足場単価に飛散防止ネット、足場の面積をかけると、その費用を算出できます。

□外壁塗装の費用を抑えられる時期とは

塗り替えを検討している方の中には、費用面を気にされる方も多いでしょう。
塗り替えにかかる費用を抑えたい方は、塗装業者の閑散期になる夏や冬に依頼することをおすすめします。

例えば、雨の日が多くなる梅雨の時期に依頼すれば、提示価格が安くなるため、コストを抑えて塗り替えができる可能性もあります。

冬に塗り替えを行う場合は、湿度が低いため塗料が乾きやすいというメリットがあります。
積雪量の少ない地域でしたら、冬に塗り替えを行うという選択肢もあります。

外壁塗装はお住まいの地域の特徴や費用について考慮しつつ、適した時期を選びたいところです。

□まとめ

この記事では、福井で外壁塗装をお考えの方に向けて、外壁塗装のメンテナンス時期や費用について紹介しました。

外壁塗装は適した時期にメンテナンスを行うことも大切ですが、何より大切なのは信頼できる塗装会社に依頼することです。

当社では、塗装の知識だけでなく、建築に関する知識にも長けているからこそ、豊富な知識と経験からお客様の状況に応じた最適なプランを提供できます。
福井で外壁塗装を検討している方は、お気軽に当社までご相談ください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。