ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装における失敗事例とそれに対する注意点とは?|福井の業者が解説します

はじめに

外壁塗装での失敗事例は実際に存在します。
しかし、この事例にはしっかりとした原因があり、それにより失敗が起こっています。
そのため、失敗する原因をあらかじめ把握しておくことによって、その失敗を防げる可能性が高まります。

そこで、この記事では、福井の外壁塗装業者が、外壁塗装における失敗事例を注意点と交えながら、ご紹介していきます。

外壁塗装における失敗とそれに対する注意点とは

今回この記事で取り上げる外壁塗装における失敗事例は3つあります。

・失敗事例1:納得のいく仕上がりではなかった

外壁塗装は「完成するまでどのようなものになるか」ということがわかりません。
そのため、イメージしていた完成品と、実際に完成したものに差異があった場合、がっかりすることになるでしょう。

しかし、この「納得のいく仕上がりでなかった」という失敗には原因があります。
その原因として、カラーシミュレーション不足ということが挙げられます。

カラーシミュレーション不足を防ぐためには、業者から渡されるカラーサンプルを利用して、太陽にかざしてみたり、実際に家と照らし合わせることで、理想の完成図に近いのかということを事前にチェックすることで防ぐことが可能です。

・失敗事例2:施工ミス

外壁塗装において、施工ミスをしてしまうことは、建築物そのものの耐久性を低下させる恐れがあったり、塗装しても劣化するのが早くなったりといった問題につながりかねません。
施工ミスを防ぐためには、信頼ができて、技術力の高い業者に頼むことが得策と言えます。

信頼できる業者を見分けるためには、その業者の過去の実績を確認したり、評判がいいのかということに関しても、情報を集めることが重要になります。

・失敗事例3:価値観の違い

納得のいく外壁塗装を行うためには、業者側と依頼者様側の価値観が一致している必要があります。
そのため、もし依頼者様が品質を重視しているのにもかかわらず、業者側がモットーとしていることが、安い価格であったり、施工の早さである場合は、依頼者様の希望に沿った施工が行われない可能性があります。

そのため、自身が外壁塗装において大切にしている価値観と業者側の価値観が近いところに依頼すると、価値観の相違による失敗を未然にふせげるでしょう。

おわりに

外壁塗装における失敗とそれに対する注意点についてご紹介しました。
外壁塗装は大切な家に関わることですので、失敗の原因を未然に防ぎ、素敵な外壁リフォームを実現しましょう。

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。