ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装で汚れが目立ちにくい色や成分とは?お家の外観を長く綺麗に

外壁を塗装した後、どれくらい綺麗が続くか心配ですよね。
しかし、汚れが目立ちにくい色や、汚れが付着しにくい成分であれば長い間美しい外観が保てます。
 数ある塗料の中で、汚れが目立ちにくい色とはどんなものなのでしょうか。
そこで今回、汚れ対策に適した色や成分をご紹介します。

お家を汚く見せてしまう原因とは

建ててからしばらく経ったお家の外壁には、どこか黒ずんだ、あるいは緑がかった汚れが目立ちます。
こうした汚れの原因は何なのでしょうか。

・大気汚染
 暮らしている分にはわかりませんが、実際、空気中には様々な化学物質が含まれています。
その化学物質は排気ガスやホコリなどが原因で、外壁表面の凹凸部分に溜まりやすくなっています。

・湿気
 湿気によってカビやコケが発生すると、外壁が汚れる原因となります。
日当たりの悪い場所や風通りの悪い場所は、緑がかった汚れが目立つので注意しましょう。

・塗料の劣化
 外壁塗料で使用されるシリコンに含有されている可塑剤や、シーリング材の可塑剤の油分が外壁の汚れの原因となることがあります。
特に窓枠付近の外壁でこういった汚れが確認されます。
 塗料を選ぶ際は、可塑剤が少ないものを選ぶと良いでしょう。

・油による汚れ
 排気口や換気扇の周りの外壁を見ると、目立った汚れが確認できると思います。
調理場の油を含んだ空気や、お風呂場の湿った空気が原因で汚れが沈着します。
 一度沈着すると落とすのが厄介なので、こまめに掃除が必要になります。

目立たない色

・目立ちにくい色で選ばれるのは?
 最も選ばれるポピュラーな色は、グレーです。外壁の汚れの色は中間色のものが多いので、汚れをかき消してくれます。
 シンプルな色であれば、汚れが目立ちにくいと考えられがちですが、白や黒は汚れが目立ちやすい色なので注意しましょう。

 グレー以外でよく選ばれるのは、ベージュやブラウンになります。
グレーと同様に、汚れと同化して目立ちにくくなります。
また、これらの色は落ち着いた印象があるの、周りのお家とも馴染みやすくおすすめです。
レパートリーが豊富だと、自分のお家に合った色も選びやすくなりますね。

色以外で汚れを防ぐには?

セルフクリーニング機能を持った塗料を選ぶと、雨で外壁に付いた汚れが流れ落ちます。
塗膜の親水性が働くことで、こういった効果が得られます。
色だけでなく、成分なども業者さんから伺っておきましょう。

塗料を賢く選んで、美しい外観を保ちましょう。
塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。