ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

吹き付け塗装とは?福井の外壁塗装の会社が解説します!

福井の皆様、こんにちは。
地元福井で実績ナンバーワンの外壁塗装専門店、リフォームパンセ常務の大久保光沙久です。

「吹き付け塗装について知りたい」
外壁塗装をお考えで、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
その場合、吹き付け塗装のメリットとデメリットについて把握しておきたいですよね。
また、注意点についても知っておきたいはずです。
そこで今回は、それらを踏まえて吹き付け塗装について解説します。

□吹き付け塗装とは

吹き付け塗装とは、コンプレッサーで空気を送り塗料を吹き付ける工法のことです。
この中にも、加工した塗料を発射するエアレススプレーと空気を圧縮して塗料を発射するエアスプレーなどいくつかの種類があります。
また、主にモルタル外壁に採用されることが多い塗装方法でもあります。
最近ではモルタル外壁の施工数は減っており、その分吹き付け塗装の施工も少なくなっています。

さらに、吹き付け塗装の仕上げには、主に3つの種類があります。

1つ目は、リシン仕上げです。
これは、塗料に細かい石や砂を混ぜて、それを吹き付けて施工する方法のことです。
混ぜる石や砂の大きさによって模様が変わるため、デザイン性に優れた外壁に仕上げられるでしょう。

2つ目は、スタッコ仕上げです。
これは、セメントを主成分とした塗料を吹き付けます。
自然な立体感があるのはもちろん、重厚感のある外壁に仕上げられるでしょう。

3つ目は、吹き付けタイル仕上げです。
これは、粘度の高い塗料をスプレーガンで吹き付ける工法のことです。
1つ目と2つ目では、材料をそのまま吹き付けるだけで仕上がりますが、これは下塗り剤で模様付けを行った後、その上に液体状の仕上げ材でコーティングして仕上げます。

また、特徴としては外壁表面に玉が散ったような仕上がりになることが挙げられます。
そのため、1つ目と2つ目よりも汚れが付着しにくく劣化しても目立ちません。

□吹き付け塗装のメリットとデメリットとは

これまで、吹き付け塗装とは何か、その種類について解説しました。
では、吹き付け塗装のメリットとデメリットとは何でしょうか。
そこでここでは、吹き付け塗装のメリットとデメリットについて解説します。

*メリット

メリットは主に3つあります。

1つ目は、さまざまな仕上がりを演出できることです。
複雑な模様やシックな雰囲気、立体感などを演出したい方におすすめです。
また、塗膜の品質を一律にでき、膜の厚さをつけやすいので、きれいに仕上げられるでしょう。

2つ目は、重厚感を長く保てることです。
特に吹き付けタイル仕上げでは、このメリットを感じやすいです。

3つ目は、広い範囲の塗装を短時間で効率的に行なえることです。
施工が早く進むので外壁塗装を業者に依頼する際には、費用面でメリットを得やすいでしょう。

*デメリット

デメリットは主に2つあります。

1つ目は、塗料の無駄が多いことです。
特にエアスプレーガンを使う場合、塗料の無駄が発生しやすいです。
なぜなら、スプレーガンから噴射される塗料は飛び散りやすいからです。
そのため、実際の塗装では膜厚を確保できるように塗布しています。

2つ目は、養生に手間と時間を要することです。
噴射時における塗料の飛び散り対策として養生をします。
しかし、手塗り工法の養生よりも十分に周辺の植木や建具などにも施す必要があります。
そのため、手間と時間が求められると言えるでしょう。

□吹き付け塗装の注意点とは

*費用を抑えられるとは限らない

インターネット上のサイトでは手塗りよりも吹き付け塗装のほうが安いと記載されていることは多いです。
しかし、住宅の面積が狭い場合や近隣の住宅との距離が近すぎる場合には、塗料が飛散してしまうリスクがあります。
そのため、必ずしも費用を抑えられるとは言えません

また、手塗りよりも費用が高くなってしまう場合があります。
それは、4〜5工程を必要とする複層タイル仕上げの場合です。
なぜなら、工程数が通常よりも多いからです。
そのため、手塗りも同時に検討することが大切だと言えるでしょう。

*本当に吹き付け塗装が必要かを確認する

外壁塗装において、吹き付け塗装とローラー塗りのどちらでも塗装は可能です。
しかし、どちらのほうが費用を抑えられるかは状況によって変わります。
そのため、それぞれのメリットとデメリットを考慮してどちらが適切か検討することが大切です。

また、吹き付け塗装は面積が広い外壁に適しています。
30坪ほどの住宅では手間がかかってしまい、費用が高くなってしまう場合があります。
例えば、仕上がりのデザイン性を重視する場合に吹き付け塗装は適しています。
一方で、ローラーにしたほうが価格が安くなる場合にローラー塗装は適していると言えるでしょう。
そのため、本当に吹き付け塗装が必要かどうか確認することが大切です。

□まとめ

今回は、吹き付け塗装について解説しました。
外壁塗装をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は福井にて外壁塗装に関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

この記事は、建築施工管理技士でもある現役職人常務・大久保光沙久が責任を持って書きました。
(私が厳しく指導した自社育成職人達があなた様のお宅を美しく塗り替えいたしますよ♪)

無料お見積もりは今すぐお電話を。