ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

再塗装をする前に!外壁塗装の耐用年数を延ばすために必要なポイントとは

みなさんこんにちは! 「これから家の外装塗装の塗り直しをしよう!」とお考えの皆さん、軽い気持ちで工事を委託してしまう前に少々お待ちください。

というのも、外装塗装の耐用年数は、いくつかのポイントを抑えるだけではるかに長く持つのです。

というわけで今回は、外装塗装の耐用年数を長くするために押さえておきたいポイントをいくつかご紹介させていただこうと思います。

これを読めば、あなたの外装工事がさらに有用なものになるはずですので、ぜひお見逃しなくご覧下さい!

塗料にこだわる

外装塗装の耐用年数を長くしたい場合、大切なのは塗料です。

というのも、塗料の原料によって、外装塗装の耐用年数は大きく異なってくるものだからです。

おすすめなのは、シリコン系塗料やフッ素系塗料です。

これらは耐用年数が高いため、コストパフォーマンスもよく、多くの方に選ばれている塗料となっています。

数年に1回も工事をしなくてもいいように、まずは塗料からこだわっていきましょう。

自宅の環境を知ること

お住いの地域や立地環境を知ることは、意外にも外装の耐用年数に大きく関わってきます。

というのも、その気候の特色などによって塗料を選んだり、外装の手入れの方法を変えることで、塗装の耐用年数は伸びてくるからです。

例えば、湿気の多い地域における外装塗装では、外壁の周りにものを置かないように工夫するだけで、塗装の耐用年数は少し変わってくるのです。

丁寧な外装塗装工事をすること

これは当たり前の話ですが、やはり「どれだけ質の良い工事をするか」によって塗装の寿命というのは大きく変わってきます。

ここで大切なのは、「ただ安い会社に頼まないこと」と「重ね塗りをしっかりとしてもらうこと」です。

前者の安い会社に関しては、お客様への対応や評判などから判断できると良いですね。

後者に関しては、工事が始まる前から重ね塗りを行なってくれるかをしっかりと聞きましょう。

重ね塗りをすることで塗膜がしっかりと定着して塗装の寿命を延ばしてくれます。

まとめ

以上が外装塗装の耐用年数をあげるためのいくつかのポイントになります。

お客様の参考にはなりましたでしょうか。これらを見ると、工事が始まる前からの準備が非常に大切であることがお分かりいただけると思います。

ぜひ、こうした準備のことなどは、福井県地域の塗り替えリフォームに特化した漆崎塗装店までお気軽にご相談ください!

あなたの外装塗装のことを一番に、有益なアドバイスをさせていただきます!

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください! 

無料お見積もりは今すぐお電話を。