下地調整の重要性

2017.04.07

福井県福井市、鯖江市、越前市、坂井市を中心に増改築・リフォーム工事と屋根、外壁塗装を行っている漆崎塗装店の大谷昌之です。

おはようございます!

今日も私、大谷昌之が

福井に最高で美しい外壁塗装をお届けいたします。

よろしくお願いします!!

木部の塗装をすることがあります。

瓦の下について軒の雨樋が付いている破風板という部分です。

雨樋の付いている部分はそうでもないのですが

のぼりと呼ばれる部分は日差しを浴びて

結構傷んでいる場合があります。

この時の表面研磨はしっかりと行えあなければなりません。

下地の作業は意外と面倒臭くて手を抜きがちです。

しかしながらここが一番大事な工程になります。

先日、お伝えした高圧洗浄と同様、下処理作業一つで

その後の塗装が長持ちするか決まってしまいます。

表面研磨をして下地が良くなったところで塗装作業に移ります。

ここのお客様は雨樋交換もご依頼頂いたので

雨樋を取り外して破風板全体をローラーにて

木部専用塗料で塗装させていただきました。

私たちはあなたのお宅のお近くでも
塗替工事、リフォーム工事をさせて頂いております。

ご相談、お悩みは職人にお声がけ頂くかこちらまでお電話下さい

24時間元気に受付中!


TEL 0120-35-1900

ABOUT US
panse
昭和47年生まれ。社南小・至民中・科学技術高等学校卒業。塗装歴30年。大工歴25年。携わった工事は7000件以上。一級建築士。全日本ベスト塗装店賞・最高金賞2回・金賞6回受賞。日本建築塗装職人の会会長とも親交が深く、塗装業界からも頼りにされている存在。趣味は仕事。好きな食べ物は奥様の手料理とヨーロッパ軒のソースかつ丼。仕事に厳しく、自分に厳しい福井市が生んだ塗装・リフォームのカリスマ親方。
無料お見積もりは今すぐお電話を。