ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

リフォームでよく聞くスケルトンってなに?福井にお住まいの方必見!

2019/12/15

「リフォームでスケルトンというものを聞いたけど、一体何?」
リフォームに興味があってインターネットなどで調べている方には「スケルトン」という言葉を聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか?
今回はそんなリフォームでよく聞くスケルトンとは一体なんなのかについて紹介します。

□スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームのスケルトンとは英語で「骨格」という意味があります。
住宅などの不動産では骨格にあたるのは建物の内部の躯体ということになります。
つまりスケルトンリフォームとはこの躯体だけを残しそれ以外をリフォームするという非常に大がかりなリフォームです。
一般的なリフォームでは住宅の一部を新しくするものですが、このリフォームでは住宅全体を一新することができ、住み心地はまるで新築となります。
大がかりな工事になるためその分費用はかかり、だいたい新築を建てる時の3分の1から3分の2ほどの工事費用がかかります。

□どんな人にオススメのリフォーム?

スケルトンリフォームとはどういったものかお分りいただけたかと思います。
実際にこれはどんな人にオススメなリフォームなのでしょうか。

*2世帯住宅になった方

先ほどこのリフォームは建物の全てを一新すると書きましたが、実は1階だけや2階だけをスケルトンリフォームすることも可能です。
そのため今住んでいる住宅で2世帯で生活をスタートしようと考えている方に非常にオススメです。
スケルトンリフォームする部分は息子夫婦が住みやすいようにし、親夫婦が使用する部分は住み慣れた形にするということが可能です。

*現代風な住宅に一新したい方

昔に建てた住宅のデザインが現代風ではないと感じている方にもこのリフォームはオススメです。
住宅を建て替えるよりも費用も抑えられるため、住み慣れた土地で新しい家に住みたいと考えている方には非常に良い手段かと思います。

□できない住宅もあるため、注意!

ここまで紹介してきたスケルトンリフォームですが、住宅によっては工事することができない、もしくはできることが制限されるものがあります。
例えばツーバイフォーやプレハブ工法と呼ばれる方法で建てられた住宅では、住宅を骨格ではなく面で支えています。
そのため骨格だけを残すスケルトンリフォームにあまり向いておらず、工事自体は可能ですがその際に間取りの変更ができません。
住宅によって向き不向きがあるということを覚えておきましょう。

□まとめ

この記事ではスケルトンリフォームについて紹介しました。
今まではどんなリフォームか分からなかったという方も特徴やどんな方に向いているのか理解していただけましたら幸いです。
スケルトンリフォームをお考えの方はぜひ私たちにご相談くださいね。

無料お見積もりは今すぐお電話を。