ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

リシン仕上げとは?福井で外壁塗装をお考えの方へ!

・福井の皆様、こんにちは。
福井鯖江で施工実績ナンバーワンの外壁塗装屋根塗装専門店ペイントパンセの塗装職人、
石津佳和です。

外壁塗装をご検討中の方でリシン仕上げについて知りたいという方は多いですよね。
リシン仕上げには様々なメリットがある一方で、デメリットもいくつかあり、デメリットも含めこれらのことについてご理解いただくことで、素敵な外壁にできます。
そこで今回は、リシン仕上げについてご説明します。

□リシン仕上げとは?

リシンとは、モルタル外壁の仕上げ材として使われる表面化粧材のことです。
そして、リシン仕上げとはそのリシンを使った外壁を仕上げる方法のことです。

リシン仕上げの施工方法にはいくつか種類があり、リシン吹き付けが代表的です。
リシン吹き付けは、リシンガンを用いて外壁に吹き付ける一般的な施工方法です。
この方法で施工すると凹凸のある仕上がりになります。

□リシン仕上げのメリット・デメリットとは?

リシン仕上げのメリットは3つあります。

1つ目は、透湿性・通気性が高いことです。
リシンを使って外壁を仕上げると、外壁の透湿性・通気性は高まります。
その結果、外壁の内部に水分が溜まりにくくなり、外壁は劣化しにくくなります。

2つ目は、低価格であることです。
リシン仕上げは、他の施工方法に比べて安く、ローラー塗装と比較しても施工にかかる費用を非常に安く抑えられます。
ただし、リシン仕上げによる塗装の耐用年数は短いため、メンテナンスの頻度が多くなります。
そのため、短期的な費用を安く抑えたい方にはリシン仕上げをおすすめしますが、長期的に見て費用が高くかかることを避けたい方はしっかりと検討しましょう。

3つ目は、デザイン性が高いことです。
リシン仕上げで施工すると、凹凸のある外壁になりますが、この凹凸の形状は吹き付け方などによって変えられます。
多くの場合、凹凸の形状はいくつかのデザインの中から選べます。
また、後から人の手で模様をつけられる場合もあります。
そのため、リシン仕上げは外壁のデザインにこだわりたい方にもおすすめです。

一方で、リシン仕上げには3つのデメリットがあります。

1つ目は、汚れが溜まりやすくなることです。
リシン仕上げによる凹凸のある外壁の仕上がりは、外壁にデザイン性を持たせられる反面、汚れやすいというデメリットもあります。
外壁に汚れが溜まることでカビや藻が発生し、外壁が劣化しやすくなります。
そのため、リシン仕上げによって凹凸のある外壁にする場合、定期的に高圧洗浄などをして外壁をきれいに保つ必要があります。

2つ目は、耐用年数が短いことです。
リシン仕上げには、耐久性の低いアクリル塗料を使用することが多く、シリコン塗料やフッ素塗料を使用する場合に比べ耐久性が低下してしまい、耐用年数が短くなります。
耐用年数の高い塗料を使うことで耐用年数を上げられますが、それでも10年ほどが限界です。

3つ目は、ひび割れしやすいことです。
ひび割れを放置すると、水分が外壁の内部に浸入し外壁が劣化しやすくなります。
そのため、定期的にひび割れが起きていないか点検したり、必要に応じて補修したりする必要があります。

□リシン仕上げによって外壁塗装するときの必要工程とは?

ここまで、リシン仕上げのメリットがある一方でデメリットもあるとご説明しました。
では、このデメリットを最小限に抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか。
そのためには、リシン仕上げによって外壁塗装するときに必要な3つの工程を踏む必要があります。

1つ目は、高圧洗浄です。
前述したように、リシン仕上げによる凹凸のある外壁は汚れが溜まりやすいため、カビや藻の発生を防ぐためにも高圧洗浄は非常に大切な工程です。
また、カビや藻は外壁の奥深くにまで根を張るため、目に見えている表面部分だけ洗浄しても再び繁殖する恐れがあります。
そのため、高圧洗浄をするときは、外壁の奥深くまで殺菌できるバイオ洗浄をすることをおすすめします。

2つ目は、下地補修です。
リシン仕上げをするモルタル外壁は、乾燥収縮しやすいためひび割れが生じやすいです。
そのため、モルタル外壁に塗装する前に下地補修をすることでひび割れの補修をしておく必要があります。
尚、外壁の表面にとどまっている浅いひび割れは、塗り替えのときに下地材で下塗りしてひび割れを埋めることで補修できます。

3つ目は、ひび割れの再発を防ぐための仕上げ塗料を使った塗装です。
ひび割れの再発を防ぐための仕上げ塗料として、弾性塗料を使用することをおすすめします。
弾性塗料には伸縮性があり、また厚い塗膜を形成するため、弾性塗料を使えば外壁に負担がかかってもひび割れしにくくなります。
それによって、雨水などが外壁に浸入することも防げます。

□まとめ

今回は、リシン仕上げについてご説明しました。
外壁塗装をご検討中の方は、今回ご説明したことをぜひ参考にしてみてください。
当社は、福井伝統の塗装工事店であり、熟練の職人による高品質の施工を誇っていますので、福井県で外壁塗装をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡
社ではお客様のご要望に最適な外壁塗装をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。