ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

フッ素系塗料のメリット・デメリット

これまで、多くの外壁塗装に使われる塗料について詳しく紹介させていただきました。
今回も引き続き外壁塗料の1つをご紹介させて頂きます。

今回は、フッ素系塗料のご紹介です。
フッ素塗料は、塗料の主成分の樹脂がフッ素系の塗料です。
フッ素樹脂の技術を使って開発された塗料であり、寿命の長い塗膜を作る事ができます。
そのため、これまでにご紹介したアクリル系塗料やシリコン系塗料の寿命と比べると非常に長い寿命です。

このフッ素系塗料の最大の魅力は長寿命であるということですが、その理由はフッ素系塗料には大きく5つの素晴らしい性能があるからです。

1つ目は、耐熱性です。
フッ素塗料は外壁素材に密着しはがれにくい性質があり、紫外線等の熱から建物を守ってくれます。
紫外線から守る事で外壁の素材の劣化を防ぐ事に繋がるので、経済的な建物にする事が出来ます。

2つ目は、親水性です。
親水性があるので、外壁に付着した汚れを雨等で綺麗に洗い流すことが可能です
一般的な塗料の塗膜と違い塗膜に汚れが付着しにくいので、いつまでも綺麗な外壁を保つ事が出来ます。

3つ目は、防カビ性、防藻性です。
この性能により、カビや藻を作らない外壁にする事が出来ます。
完全にカビや藻を防げるというわけではありませんが、付着しても親水効果によりすぐに取り除く事が出来るので、カビや藻を発見したら即座に取り除く事をオススメします。

4つ目は、耐候性です。
フッ素塗料は外壁素材にぴたっと密着する性質があり、馴染みが良いので耐候性を高くさせる事ができます。

5つ目は、耐摩耗性です。
耐摩耗性が高いので、光沢の保持を高める事が出来ます。
他の塗料の塗膜の光沢保持は、アクリル塗料やウレタン塗料は5年で20%の光沢減少、シリコン塗料は10年で20%の減少なのに比べて、フッ素塗料は20年で10%の減少しかしません。
長年経っても古臭い外壁の雰囲気を見せないのも、フッ素塗料の大きな特徴です。

このようにフッ素系塗料は大変優秀です。
航空機の外壁塗装にも使われており、信頼が非常に厚い塗料になります。

しかし、優秀なフッ素系塗料にも残念ながらデメリットがあります。
1番のデメリットは、認知度はまだまだ低いために需要と供給が少なく、費用が高いことです。
前回ご紹介したシリコン系塗料に比べると1.5倍ほどの価格になります。

また、フッ素系塗料には艶ありしかありません。
「マットなツヤなし」が好みの方には、フッ素塗料は不向きです。
フッ素系塗料にツヤがある理由は親水性に大きく関わっているので、ツヤなしでは効果を発揮しません。
かなりピカピカな塗装になりますので、まずはサンプルで光沢の状態を確認する事をオススメします。

費用面などにより、住宅の外壁塗装にはまだまだフッ素系塗料は用いられていません。
しかし、一度フッ素系塗料を行えば長期的な外壁コーティング効果があるので、何度も外壁塗装をする手間を省くことができます。

一度フッ素系塗料も検討に入れてみてはいかがでしょうか。
ご相談お待ちしております。

無料お見積もりは今すぐお電話を。