ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

はじめての屋根塗装!だれでも分かる塗り替え時期の判断方法

皆さん、いざ屋根塗装をすると言っても適切な塗り替えの時期が分からないという方多いのではないでしょうか。
今回は屋根塗装の塗り替えのタイミングについてお伝えします。
 

一般的な屋根塗装のタイミングは?

一般的に屋根の塗り替え時期はスレートは10年、トタンは5~8年といわれています。
しかしこれはあくまでも目安です。
 
なぜならば、屋根塗装の塗り替え時期は屋根材や塗料だけで決まるわけではないからです。
もし激しい天候が続く地域に住んでいらっしゃる場合、屋根の劣化は通常よりも早くなってしまう可能性があります。

塗り替えに影響する要因は?

屋根材や塗料以外にも次のことが塗り替え時期に影響しています。
1.気象環境(直射日光・風通り・湿度など)
2.屋根の形状(勾配・谷樋・ドーマなど)
3.屋根の施工状態(高圧洗浄やケレン不足など)
つまり、塗り替え時期には環境や形状の違いによる紫外線と水分が大きく関わっています。
 
また塗り替えが2回目以上だと、前回の塗装技術も大きく影響されます。
よって経過年数で塗り替え時期は分かりません。
 
では、何を基準に判断すればいいのか。
当たり前ですが、それは屋根を見ることです。
具体的に屋根をどのような視点でみればいいのかをレベル別に書き出して見ました。
 
レベル1:塗装の艶はあるか?ないか?
レベル2:以前よりも色が薄くなったか?
レベル3:屋根が白くなっているか?(チョーキング現象)
レベル4:屋根が黒ずんだり、赤くなっているか?
レベル5:塗装が剥がれ屋根材自体が見えているか?
 

一番タイミングのいいレベルは?

一番、費用対効果がいい時期はレベル3~レベル4の間です。チョーキング現象が出てくると塗り替えのサインだとお考えください。
レベル3までは塗料の劣化現象ですが、レベル4のコケやカビが繁殖してしまうということは、すでに屋根材自体にも水分を含み劣化していることの証拠です。
 
劣化した屋根材に塗装しても無意味だということはお分かりだと思います。
※劣化した屋根材に塗装すれば一時的には見栄えはよくなりますが、もう水分が屋根材に含まれているので短期間で塗装は剥げます。
費用対効果は非常に悪いです。
 
どうしてもご自身で屋根を見れない場合は、業者に見てもらうことをおススメいたします。
特に2階・3階屋根の上は非常に危険ですので、一般の方は上らないようにしましょう。
 
 
いかがでしたか。
ぜひ参考にして費用対効果の見合った屋根塗装をしてください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。