ロゴ

福井・鯖江でリフォーム&増改築をお考えなら株式会社パンセ建築士事務所

建設業許可第9389号 二級建築士事務所登録 第ろ-1331号

受付時間24時間365日受付

0120-35-1900

パンセのリフォームコラム

鯖江市で火災保険を用いてリフォームを考えている方へ!トラブルを解説!

2022/06/25

こんにちは、ハイクオリティ・デザインリフォームパンセ
代表取締役、漆﨑隆一です。

皆さんは、火災保険を使ったリフォームをご存じでしょうか。
この記事では、福井県鯖江市付近で火災保険を用いてリフォームを考えている方に向けて、よくあるトラブルや、リフォームできる例をご紹介します。
火災保険を利用し家のリフォームをお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

□火災保険リフォームでよくあるトラブルとは?

近年、「自己負担なしでリフォームできる」と勧誘する業者とのトラブルが増えています。
ここでは3パターンに分けて、説明します。

1つ目は、自己負担ゼロと説明され契約したのにも関わらず、実際は保険対象外の部分が多く、自己負担分が多かったという場合です。
見積書を預かり慎重に契約することで、このようなトラブルは防げるでしょう。

2つ目は、火災保険の対象外である「老朽化」を、補償内容に含まれる災害のせいにして、虚偽の申請をする場合です。
保険金請求書に記されている理由が嘘であることが明らかになると、保険金詐欺の罪に問われる場合もあります。

3つ目は、前払いしたが、工事が着工されない場合や、工事が乱雑である場合です。
当社では自社育成の大工に施工を進めてもらうため、このようなトラブルが起こる可能性は低いです。
このようなトラブルを回避するために、独立行政法人国民生活センターや公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理センターに見積書を送ることで、金額の妥当性について確認してもらえます。

□火災保険で修理あるいはリフォームできる例とは?

自然災害で破損した屋根や外壁、雨桶の修理だけでなく、雨漏りや窓の破損なども補修できます。
また、集中豪雨によって浸水した時も補修可能です。
ただ、明らかに経年劣化していたところが破損した場合は、自然災害が原因でも保険の対象には入らないので注意が必要です。

上記に補償対象になる例を書いていますが、補償対象になる条件は各保険会社によって変わることもあります。
ご自身で、損害部分が補償対象に入るのか不安である場合は、プロに鑑定してもらうことをおすすめします。
保険会社から依頼された「損害保険登録鑑定人」と呼ばれる調査員は、火災保険の対象範囲内であるかどうか判断できます。

□まとめ

この記事では、火災保険を利用したリフォームの例や、よく起こるトラブルをご紹介しました。
「どこまでが火災保険の対象範囲内なのかわからない」
このようなお悩みをお持ちの方も多くいらっしゃると思います。
その際はぜひ、当社までお気軽にご相談ください。

 

この記事はリフォームパンセ、建築士の漆﨑隆一が責任を持って書かせていただきました。
次回も福井市、鯖江市にお住まいの皆様にお役に立てる情報を書かせていただきます!

毎月300組以上が来場するパンセのショールーム

スタジオ福井南本店

自社職人の作業場、兼倉庫併設の本店です。
もっと見る

スタジオ鯖江店

鯖江の多くの方がたから愛されて
OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る

スタジオ福井北店

OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る
リフォームの流れを写真付きで解説
リフォームの流れを写真付きで解説