ロゴ

福井・鯖江でリフォーム&増改築をお考えなら株式会社パンセ建築士事務所

建設業許可第9389号 二級建築士事務所登録 第ろ-1331号

受付時間24時間365日受付

0120-35-1900

パンセのリフォームコラム

鯖江市でベランダリフォームを検討中の方へ!その必要性について解説します!

2021/05/28

こんにちは、ハイクオリティ・デザインリフォームパンセ
代表取締役、漆﨑隆一です。

ベランダリフォームをお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、リフォームの必要性です。
なぜリフォームする必要があるのかを把握することで、思わぬトラブルの発生を防げるでしょう。
この記事では、ベランダリフォームについて詳しく解説します。
鯖江市でベランダリフォームを検討中の方はぜひ参考にしてください。

 

□ベランダリフォームの必要性とは

ベランダは使う機会が少なく、リフォームが必要になるとは思えないという方は多いはずです。
しかし、ベランダリフォームは必要です。
では、なぜベランダのリフォームが重要なのでしょうか。
理由は大きく分けて2つあります。

1つは、ベランダは劣化しやすく、定期的なメンテナンスが必要であるためです。
ベランダは建物の外に面しているため、雨風や紫外線の影響を受けやすく、その分劣化スピードが早いです。
また、ほかのスペースと比べて目が届きにくく、いつの間にか基材が壊れやすくなり、危険な状態になっていることもあります。
安全にベランダを使用するためには、定期的にリフォームや手入れをしましょう。

2つ目は、より住みやすい環境にするためです。
現在のベランダは狭くて、物干しスペースを十分に確保できないという方はいらっしゃいませんか。
ベランダを増改築すると機能性がアップし、洗濯物を干せる量が多くなる、加えてガーデニングなどができるようになります。
機能性を高めて、より住みやすい環境にするためにも、ベランダのリフォームは必要です。

 

□ベランダのリフォームにはどのような種類があるの?

それでは、具体的にベランダのリフォームには、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、代表的な2種類のベランダリフォームをご紹介します。

 

*FRP防水加工で床を再防水する

ベランダの塗装に剥がれやヒビがある場合は、防水効果を高めるための補修をする必要があります。
FRP防水加工は、防水塗装とガラスマットを重ねて防水層を作り、仕上げにトップコートを塗装することで、ベランダの床面に水を侵入させないようにします。
ほかの工法に比べると費用が少し高くなりますが、FRPは乾きやすいので、天気が良い場合は比較的短期間で完成するでしょう。

この工法は、硬度が高く、防水性と耐久性に優れているので、ベランダを頻繁に使用する方やベランダの重さで家に負担をかけたくない方におすすめです。
また、植物の根も入りにくいため、ベランダでガーデニングをしたい方にはぴったりですね。

 

*ウレタン防水加工で床を再防水する

もう1つの種類は、ウレタン樹脂系の防水塗料を流し込んで塗り広げる工法です。
ウレタン塗料には柔軟性があるため、ほとんどの下地の素材に対応できます。
FRP防水加工に比べて費用が安く済み、リフォームでよく用いられる素材です。
また、コンクリートとの密着性に優れているので、ヒビ割れなどに強く、防水効果を長期間維持するでしょう。
最近では、ヒビや膨れを出にくくした絶縁工法や、クロスを挟むことで強度を高める工法もあります。

今回は、2種類のベランダリフォームを紹介しましたが、より詳しく知りたいという方は多いはずです。
どちらの工法でリフォームするかお悩みの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

 

□ベランダをリフォームする際のポイントとは

ここでは、ベランダをリフォームする際に気をつけるべきポイントについて解説します。
リフォームを成功させるためには、以下のポイントに十分注意してください。

まずは、屋根と外壁のバランスに気をつけましょう。
ベランダリフォームを行い、機能性が向上しても、外観が悪くなっては残念ですよね。
そのため、リフォームをする際は屋根や外壁を考慮して色や素材を選ぶことをおすすめします。

また、プライバシーや風通し、日当たりを同時に意識することも重要です。
万一、家の中に侵入者がいる場合、ベランダが侵入者の隠れ場所にならないように見通しを良くする必要があります。
さらに、ベランダから不審者が侵入しないように、手すりやフェンスを設置しましょう。

一方で、プライバシーを意識しすぎるあまり、風通しが悪くなることもあります。
風通しが悪いと湿気がたまってしまうので、通風性を確保できるタイプの手すりやフェンスを選びましょう。
加えて、洗濯物を干す場合は、日光が十分に差し込むことが大切です。
採光性が良く、プライバシーも守れる半透明タイプのものがおすすめです。

ベランダに洗濯物を干す際には突然の雨が心配ですよね。
しかし、屋根が付いていれば、急に雨が降ってきても慌てて洗濯物を取り込む必要がありません。
ベランダを物干しスペースとして使う場合は、屋根を必ず取り付けましょう。

ベランダをリフォームする際は、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

 

□まとめ

今回は、ベランダリフォームについて詳しく解説しました。
ベランダはさまざまな面で便利なスペースです。
定期的にメンテナンスを行い、長く安全に使用できるようにしましょう。

この記事はリフォームパンセ、建築士の漆﨑隆一が責任を持って書かせていただきました。
次回も福井市、鯖江市にお住まいの皆様にお役に立てる情報を書かせていただきます!

毎月300組以上が来場するパンセのショールーム

スタジオ福井南本店

自社職人の作業場、兼倉庫併設の本店です。
もっと見る

スタジオ鯖江店

鯖江の多くの方がたから愛されて
OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る

スタジオ福井北店

OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る
リフォームの流れを写真付きで解説
リフォームの流れを写真付きで解説