ロゴ

福井・鯖江でリフォーム&増改築をお考えなら株式会社パンセ建築士事務所

建設業許可第9389号 二級建築士事務所登録 第ろ-1331号

受付時間24時間365日受付

0120-35-1900

パンセのリフォームコラム

鯖江にお住まいの方必見!お風呂の窓のリフォームについてご紹介!

2021/04/18

お風呂についている窓といえば、みなさんはどのようなものを思い浮かべますか。
ひとくちに窓といってもたくさんの種類があり、リフォームをする際、どれを使えば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、お風呂の窓のリフォームについてご紹介します。
鯖江にお住まいで、リフォームをお考えの方はぜひお役立てください。

 

□浴室の窓をリフォームする目的とは

お風呂の窓のリフォームは、目的によってその方法が異なります。
窓のリフォームをする目的を3つご紹介します。

1つ目が、寒さ対策です。

冬場は外気と浴室温度に大きな差があります。
時には、その温度差は命にかかわることもあるでしょう。

窓は外気温を伝達させやすいものの一つです。
そのため、断熱サッシや二重サッシにするなどの方法で外気を通しにくくすることが大切です。

2つ目が、目隠し対策です。

浴室のガラスで、姿は見えなくてもシルエットを見られるのが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような場合には、ルーバーやブラインドをつけて、シルエットが見えなくなるようにリフォームをします。

3つ目が、カビや換気対策です。

カビの主な原因は、湿度と温度です。
この原因を取り除くためには、換気扇を稼働して自然な空気を取り込むのが最善です。

しかし、集合住宅などでは入浴中に窓を開けるのは難しいこともありますよね。
そのような時は、換気システムを変える、ブラインドをつける、ルーバーをつけるなどのリフォームがおすすめです。

 

□浴室の窓の種類について説明!

浴室の窓には、様々な種類があります。
今回は、7種類の窓をご紹介します。

1つ目が、引き違い窓です。

2枚の窓をレールの上でスライドして開閉するタイプの窓で、最も一般的です。
気密性が低いことが特徴で、冬場には少し寒いかもしれません。

2つ目が、縦すべり窓です。

これは、家のドアのように開く窓です。
風通しが良く、気密性が高いという特徴があります。

3つ目が、横すべり窓です。

この窓は、外側に向けて開く窓です。
全開にしなくても換気できる、雨の日でも開けられる、気密性が高いといった特徴があり、浴室の窓におすすめです。

4つ目が、内倒し窓です。

これは、内側に開く窓です。
全開にならない作りで、防犯対策におすすめです。

5つ目が、上げ下げ窓です。

名前の通り、上下に動かせる窓です。
2枚に分かれて開閉し、気密性と防犯性が高いのが特徴です。

6つ目が、出窓です。

これは、建物から突き出した状態の窓です。
使用面積を広げられるのが特徴です。

7つ目が、フィックス窓です。

窓といっても、開放できない窓です。
採光に適しているものの、開けられないため、換気が大切な浴室には不向きでしょう。

 

□まとめ

今回は、お風呂の窓をリフォームする目的や窓の種類についてご紹介しました。
リフォームの目的によって、適した窓の種類やリフォーム方法は異なります。
ぜひこの記事を参考に、要望に適した窓を探してみてはいかがでしょうか。

毎月300組以上が来場するパンセのショールーム

スタジオ福井南本店

自社職人の作業場、兼倉庫併設の本店です。
もっと見る

スタジオ鯖江店

鯖江の多くの方がたから愛されて
OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る

スタジオ福井北店

OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る
リフォームの流れを写真付きで解説
リフォームの流れを写真付きで解説