ロゴ

福井・鯖江でリフォーム&増改築をお考えなら株式会社パンセ建築士事務所

建設業許可第9389号 二級建築士事務所登録 第ろ-1331号

受付時間24時間365日受付

0120-35-1900

パンセのリフォームコラム

鯖江にお住まいの方へ!風災による雨漏り修理に保険は使えるのかご説明します!

2022/04/25

こんにちは、ハイクオリティ・デザインリフォームパンセ
代表取締役、漆﨑隆一です。

「風災による雨漏り修理に保険はきくのか」
鯖江にお住まいで、このような疑問をお持ちの方は必見です。
今回の記事では、雨漏り修理に火災保険が適用される条件を解説します。
また、保険の申請手順もご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□雨漏り修理で火災保険が適用される条件

雨漏りによる損害の修理費用を火災保険でカバーする条件は、損害が自然災害によるものであることです。
具体的には、以下のようなケースでは保険金がおりる可能性が高いです。
・強い風による瓦のズレや雨どいの損害
・雹による天窓の損害
・雪の重みによる雨樋の損害
・強い風雨による瓦屋根の漆喰の崩壊

一方で、以下のような場合は火災保険の対象になりにくいです。
・建物の経年劣化による雨漏り
・風災、雹災、雪災による雨漏りと判断できない場合
・リフォーム時や増改築時の施工不良による雨漏り
・太陽光パネル設置時の施工不良による雨漏り
このように、「施工不良」と「経年劣化」による雨漏りには保険金はおりにくいです。

 

□火災保険申請の申請手順

まずは被害状況を自身で確認します。
その後の調査をスムーズにするためにぜひやっておきましょう。
このとき、詳細な情報というよりも、明らかな損傷個所をチェックしておきましょう。
また、安全には十分注意してください。

次に、修理に必要な見積もりと、説明書類の作成をします。
作成するのは以下3点の書類です。
・事故内容報告書
・損害箇所の写真
・修理見積書
見積もりの作成は難しいため、専門家に頼みましょう。
また、専門家に頼むことで保険会社から信用されやすくもなります。

その次に、保険会社に火災保険の申請をします。
火災保険申請の旨を電話で伝えると、申請書類が送られてきます。
この書類と修理見積書、被災の証明書類を提出し、申請は完了です。

最後に、保険会社による鑑定が行われます。
書類の作成を全て自分で行っていた場合、調査員の質問に自分で対応する必要があります。
対応によっては保険金を認められなかったり、減額されたりする可能性もあります。
その点を考えても、書類作成は専門家に任せておくと安心でしょう。

後日、保険会社より通知が来ます。
提示金額に同意できれば、その額がまた後日に振り込まれ、完了となります。

 

□まとめ

火災保険の対象となる雨漏りは、主に自然災害によるものです。
自然災害が原因と認定されなければ、保険金はおりないため注意しましょう。
また、申請の際の必要書類は、専門家に任せておくと安心です。

 

この記事はリフォームパンセ、建築士の漆﨑隆一が責任を持って書かせていただきました。
次回も福井市、鯖江市にお住まいの皆様にお役に立てる情報を書かせていただきます!

毎月300組以上が来場するパンセのショールーム

スタジオ福井南本店

自社職人の作業場、兼倉庫併設の本店です。
もっと見る

スタジオ鯖江店

鯖江の多くの方がたから愛されて
OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る

スタジオ福井北店

OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る
リフォームの流れを写真付きで解説
リフォームの流れを写真付きで解説