ロゴ

福井・鯖江でリフォーム&増改築をお考えなら株式会社パンセ

建設業許可第9389号 二級建築士事務所登録 第ろ-1331号

受付時間24時間365日受付

0120-35-1900

パンセの○○日記

玄関のリフォームを考えている方必見!床の素材の種類と特徴を詳しく解説!

2019/06/14

「玄関の床をリフォームして、玄関の雰囲気を変えたい!」
「玄関の床の素材にはどんな種類・特徴があるんだろう?」
玄関の床をリフォームして、家の第一印象を良くしたいですよね。
玄関の雰囲気が変わるだけで家の印象はガラッと変わります。
そこで今回は、玄関のリフォームを考えている方必見の「玄関の床材の種類と特徴」について解説します。

 

□タイル

*磁器質タイル

磁器質タイルは石英や粘土、長石を混ぜ合わせたものを、高温で焼き上げたタイルです。
吸水率が1〜5%となっていて吸水性がほとんどなく、非常に汚れに強いです
また、耐久性と摩擦に対する評価基準である耐摩耗性にも優れています。
磁器質タイルは汚れに強く、長持ちすると言えるでしょう。

 

*テラコッタタイル

テラコッタタイルは土の形を整えて乾燥させた後に焼き上げるタイルです。
焼く時の温度や天候などの影響で、仕上がりの雰囲気が変わります。
この仕上がりの変化がいい味を出すのが、テラコッタタイルの特徴と言えます。
しかし、磁器質タイルと違って吸水率が高いので汚れに弱い点に注意が必要です。

 

□モルタル

モルタルの特徴はタイルより安価であることです。
セメント・砂・水を混ぜ、乾燥させて固めると出来上がります。
コンクリートと似ていますが、モルタルの方が滑らかで肌触りが良いです。
モルタルの仕上がりは無機質でシンプルな印象です。
無機質な雰囲気が好きな方にはたまらない美しさです。
また、表面が滑らかで凹凸がないので、手入れが楽という特徴もあります。
掃き掃除のみで大丈夫なくらい手入れが楽となると、主婦の強い味方ですね。

 

□天然石

大理石や御影石など高級感のあるものが石才として用いられます。
色味・柄が豊富で、仕上げ方によっても雰囲気が変わります。
やはり、天然石の床材の特徴は「高級感・気品漂う質感」です。
そして、石才は耐久性・耐摩耗性もあるので長持ちもします。
しかし、吸水率が高い石才を用い場合、水分によりシミができてしまう点に注意が必要です。

 

□DIY?業者に頼む?

玄関は家の顔であり、第一印象です。
玄関の床材に使用する素材やその仕上げの方法などで雰囲気はガラッと変わります。
望み通りの玄関を手に入れるため、業者に相談してみることから始めましょう。

 

□まとめ

以上、玄関の床材の種類と特徴についてご紹介しました。
今回の床材の種類とそれぞれの特徴についての解説が、何かの参考になれば幸いです。
今回の記事を参考に、当社でのリフォームについて検討してみてください。
また、当社ではお客様のニーズに合うリフォームを行なっています。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

毎月300組以上が来場するパンセのショールーム

スタジオ福井南本店

自社職人の作業場、兼倉庫併設の本店です。
もっと見る

スタジオ鯖江店

鯖江の多くの方がたから愛されて
OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る

スタジオ福井北店

OPEN以来大好評をいただいております。
もっと見る
安心!3ステップでお見積りd 安心!3ステップでお見積りd
リフォームの流れを写真付きで解説リフォームの流れを写真付きで解説
受付時間:24時間365日 
いつでもお気兼ねなくお電話くださいませ。